体に害を及ぼす「アク」。しっかり除去しないと大変なことに!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
3730e02f2f6682c4c91f35ec4b2854a5_s

お料理の下ごしらえで面倒な作業なのが「アク抜き」です。

食材によってアク抜きの方法はさまざまなので、毎回食材ごとに分けてアク抜きをしなければなれません。

手間も時間もかかってしまいますね。

自分が食べる分だけなら…とついついアク抜きをせずに調理してしまったことはありませんか?

ちょっと味が落ちるくらいならと、アク抜きせず料理をしてしまうと、思わぬ体調不良を招いてしまうかもしれません。

 

そもそもアクの正体はいったい何なのか。

食べ物に含まれる成分のうち、苦味や渋味、えぐ味などの原因となっているものを総称してアクと呼びます。

植物は外敵から身を守るために、そのような成分をもっているとされています。

野菜や肉、魚など幅広い食材に含まれており、食材によってその成分の種類もさまざまです。

ほとんどのアクは口にいれると不快な味がするので、料理の全体の味を壊すもとになりますが、山菜のアクはある程度残っている方が風味があるとされ、そのクセのある味を好む人も多いようです。

肉や魚のアクは煮ると溶けだしてしまうので、料理の見た目も壊してしまいます。

例えば鍋料理をすると、茶色がかった浮遊物があらわれますよね。

あれがアクそのものです。

オタマでこまめにアクをとる作業はとても面倒ですが、鍋料理をおいしく食べるためには欠かせません。

c32a30ce8ec96625d287ccafd8bfbec5_s

「アクがあると料理の味がこわれる」というのは多くの人が知っています。

ですので料理をおいしくするためにアク抜きをすると思われがちですが、実はアク抜きをする理由はそれだけではないのです。

 

摂取しすぎると体に影響を及ぼす!

ホウレンソウには「シュウ酸」というアクの成分が含まれていますが、この成分はカルシウムの吸収を妨げたり、体内に蓄積されると結石になってしまったりと、体に悪影響を及ぼします。

山菜のアクも、少量であれば風味がでておいしいのですが、山菜に含まれる「チアミナーゼ」という成分を多く摂取してしまうと吐き気や脚気を引き起こすとされています。

 

このように、アクはただ不快な味がするだけでなく、体にも害があったのです。

面倒でもアク抜きの作業を省いてしまうと、毒が体に蓄積されてしまいます。

おいしい料理を作るために、そして家族の健康を守るためにもやはりアクはきちんと除去しなければなりません。

 

アクの抜きの方法はさまざま。やってみると結構大変…!

アク抜きの方法は食材によってもさまざまですが、例えば大まかに分けると、代表的なアク抜きの方法は次の通りです。

■水にさらす

ナスやジャガイモ、サツマイモなど。

食材によっては何度か水をかえて、よくさらします。

 

■酢水にさらす

レンコン、ウド、ゴボウなど。

茹でる時にも酢をいれると、さらにアクよく抜けます。

 

■茹でる

ホウレンソウ、シュンギク、フキなど。

茹でたのちに冷たい水でさらすと、さらにアクガよく抜けます。

熱湯につける方法が用いられる場合もあります。

 

■お米のとぎ汁や米ぬかで茹でる

タケノコやダイコンなど。

ゆで汁につけたまま冷やし最後に冷水で洗います。

d63d5f8e4f1052eae1ff7e604a8bc212_s

いかがでしょう。今まで正しくアク抜きできていましたか?

うっかり他の食材のアク抜き方法と間違ってしまうと、全然アク抜けていなかった!なんてことにもなり兼ねません。

かといって、これらの方法を全て把握しておくのも容易なことではなく、その上、調理の前に一度茹でたり水で冷やしたりなどの作業がはいるのは、忙しい主婦にとっては本当に面倒なことです。

 

簡単にアク抜きができる方法は?

アク抜きは面倒だけど、おいしくて体にいい食事を家族に作ってあげたいというのが主婦の願いです。

そんな願いを簡単に叶えてくれるのが野菜洗いの水「ベジセーフ」。

野菜洗いの水が、どうアク抜きに関係あるの?と思われるかもしれませんが、ベジセーフに含まれる「イオンの力」でアクを除去することができるのです。

 

ベジセーフは不純物を含まない高純度の純水と、炭酸カリウムを使用して電気分解することでつくったアルカリイオン水素水です。

通常のアルカリイオン水よりも水素を多く含んでいますが、界面活性剤などに使われる環境汚染物質をまったく使用していないため、人や環境にも害がありません。

 

炭酸カリウム、炭酸ナトリウムといったアルカリ成分には、アクを取り除き、調理に適した状態に戻す作用があるため、ベジセーフに含まれた微量の炭酸カリウムが、アク抜きに効果を発揮するというわけです。

4562335520029-1

アク抜きの方法も、食材に直接スプレーした後に洗い流すだけという非常にシンプルなもの。

時間も手間もかからず、食材ごとに方法を変える必要もありません。

アクは水溶性で水に溶けやすいため、スプレーするだけで簡単にアク抜きができてしまうのです。

もちろん野菜だけでなく、肉や魚にも使用できます。

あらかじめベジセーフでスプレーし、洗っておいた肉や魚は、煮物や鍋料理などで熱を加えてもアクがあまりでません。

鍋の前に張りついてこまめにアクを取り除くという面倒な作業から解放されれば、もう1品作る時間ができますね。

 

時短料理が話題となっている今、便利なアイテム、ベジセーフを下ごしらえに取り入れることで、おいしさと安心が加わった更なる時短を目指しましょう!

▽【ベジセーフ】のお得な定期コースは こちら

 ▽食品洗い専用のお水【ベジセーフ】をもっと知りたい方は こちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【野菜】の最新記事

SNSでもご購読できます。