専門家も太鼓判を押すベジセーフで、子ども達に安心のおいしさを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
①

味には、「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」「うま味」の5つがあるといわれています。

「おいしさ」を感じながらも栄養バランスのとれた食事を摂り、健康な体を作りだすためには、子どものうちからこの5つの味覚を正しく記憶しておくことが大切です。

子ども達に安心のおいしさを知ってもらう為に私たち大人ができることはいったい何でしょうか。

味蕾細胞のピークは生後3か月!

味を感じる器官である「味蕾(みらい)」は妊娠7週目からでき始め、生後3か月でピークを迎えます。このときの味蕾細胞の数はなんと約1万個!

味蕾細胞は、刺激物や喫煙などで摩耗していくので、成人男性で約7000個、高齢男性では約3000個と年齢を重ねるほど減少していきます。

「カレーやキムチなど辛いものを食べたあとは赤ちゃんがおっぱいを嫌がる」という話を母乳育児をされているお母さんから聞いたり、実際に経験されたりしたことはありませんか?

いかに赤ちゃんの味覚が敏感かよくわかりますよね。

赤ちゃんは、味蕾細胞が多く、味覚がするどいのでちょっとした味の変化にも気がつくといわれています。

②

味覚を育むために大切なこと

赤ちゃんは、生後3か月に味蕾細胞のピークを迎えたあと、生後5か月のころから細胞の数はそのままで、次に味覚の発達がはじまるといわれています。

ちょうど離乳食をはじめるころですよね。味覚の発達という点でもこの時期以降に離乳食をはじめることは理にかなっているのです。

味覚の形成には、

  • いろいろな素材、味を経験すること
  • くりかえし食べることで嗜好を定着させること
  • 食事は楽しい!と感じる環境を整えてあげること

が大切なポイントです。

味覚には5種類あることをお伝えしましたが、その味にはそれぞれの役割が備わっています。

〇甘味⇒からだのエネルギーとなる糖の存在を知らせる

〇塩味⇒からだのバランスに必要なミネラルの存在を知らせる

〇酸味⇒腐敗している、果物などが未熟であることを知らせる

〇苦味⇒毒の存在を知らせる

〇うま味⇒からだをつくるのに必要なたんぱく質(必須アミノ酸)の存在を知らせる

赤ちゃんは、おっぱいやミルクを飲んでいる時期には、エネルギー源として必要な「甘味」や「うま味」を本能的に欲します。

子どもの味覚を育むということは、甘い、うまい、などのわかりやすい味覚から、いろいろな味を受け入れて楽しむ大人の嗜好になっていくように促していくことです。

③

逆に5つの味覚のうち、子どもには「苦味」「酸味」など本能的に苦手とする味があります。

ほうれん草やピーマンなど、噛むとえぐみや苦味が出る野菜はこれらにあたるので、いやがるのは当たり前なのです。

大人がピーマンなどの苦味のある食材をおいしく食べられるのは自然とそうなったわけではなく、くりかえし味覚を学習、経験したことから得たものなのです。

味覚はくりかえし食べることで定着していくものですから、食べないからといってすぐに嫌いと決めつけて子どもが好きなわかりやすい味のものを与え続けるだけではなく、成長にそって切り方や調理法、味付けなど工夫しながら少しずついろいろな味を経験させてあげましょう。

 

安心のおいしさ

人が感じる「おいしさ」はいくつかに分類されるのですが、その特徴的なものとして「安心のおいしさ」と「病みつきのおいしさ」があるといわれています。

「安心のおいしさ」とは、幼いころからその人の味覚にすりこまれた味に対して抱く安心感で、その味をおいしいと感じることです。

「なつかしい味」や「おふくろの味」などとよく表現されるおいしさですね。

一方、その反対にあるのが「病みつきのおいしさ」と言われるものです。

食べると快楽を感じ、依存性中毒性があるといわれている砂糖や油脂を含む食べもの、いわゆるチョコレートやスナック菓子、ファストフードなどで、わたしたちのからだにはあまりよくないおいしさです。

「病みつきのおいしさ」はできるだけ少なくして、「安心のおいしさ」をたくさん教えてあげたいですよね。

子どものためにできることは、まず素材のおいしさを知ってもらうことです。

旬の食材を使って、天然のだしを利かせれば、それだけで充分おいしくなります。

幼い頃から濃い味に慣れてしまうと、素材の味がわからなくなるだけでなく、薄味のものを受け入れることが難しくなってしまいます。

 

日本の成人の平均塩分摂取量は、WHO(世界保健機関)などの世界標準に比べて、男女ともに2倍近く多く摂りすぎであることがわかっています。子どものときから薄味に慣れておかないと生活習慣病のリスクも高まります。

乳幼児期から“だし”を使って素材の味を生かしておいしくする工夫が子どもたちの味覚を広げてくれるのです。

④

おいしい!のスタンダードを育みたい

たとえば、ほうれん草を調理する前に、野菜洗いの水「ベジセーフ」をシュシュっとかけてみてください。

残留農薬展着剤を除去するだけでなく、特有のえぐみ、アクも取り除いてくれるので、さっと茹でておひたしにしても、フライパンで少しの油と水と塩で蒸しやきにしても、これまで感じていたえぐみやザラザラ感がなくなって、ほうれん草がもつ本来の甘味を感じられます。

ほうれん草は、甘くておいしい!という経験をくりかえすことで、子どもたちに「安心のおいしさ」の記憶が刻まれていくのです。

⑤

専門家からも太鼓判

野菜洗いのお水、ベジセーフはさまざまな分野の専門家からも認められています。

「健康な生活のためには、生産時に使用された化学物質を食事の前に取り除くことが必要です。そして、その化学物質を取り除くために化学物質を使用するべきではありません。ベジセーフは有害化学物質を使用せず、安全にかつ確実に食品表面に残留する農薬などの化学物質を取り除いてくれます。」医療法人社団 医献会 辻クリニック理事長 辻直樹先生より

またベジセーフは、医学博士で日本食普及の親善大使・NPO日本食育インストラクター協会理事長である服部幸應先生が理事長・校長を務められている、厚生労働大臣指定・専修学校許可「学校法人服部学園 服部栄養専門学校」から「食の安心安全・美味しい認定マーク」もいただいています。

「食の安心安全・美味しい認定マーク」は、学校法人服部学園 服部栄養専門学校が、その数値だけでなく商品の魅力も評価する審査で、

〇「安心安全」使用している食材や調味料、添加物が安全な基準を満たしているか

〇「美味しさ」味、香り、見た目など食欲増進につながる要素を満たしているか

〇「栄養バランス」ターゲットの年齢や目的に応じた栄養効果が盛り込まれているか

を客観的に評価し、これら3つの要素を満たした商品にだけ認定されるマークとなっています。

子どもたちの安心のおいしさ、おいしいのスタンダードをベジセーフと一緒に育んでいきませんか。

 

【ベジセーフ】のお得な定期コースは こちら

食品洗い専用のお水【ベジセーフ】をもっと知りたい方は こちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【野菜】の最新記事

SNSでもご購読できます。