かゆくてたまらない…アトピーを和らげるために有効な○○とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
家族

かゆくてたまらない、無意識のうちに掻きむしってブツブツができてしまった、真っ赤になっているしカサブタも目立って人に見られたくない、…。
アトピー性皮膚炎の人は、程度の差こそあれ、24時間かゆみと戦っています。それだけでも辛いのに、見た目の問題もあり、精神的に悩んでいる人も少なくありません。
本人でなくとも、アトピーのお子さんをお持ちのお母さんは、すぐにでも何とかしてあげたいという思いから、病院へ行ったり情報を得ては試したりと試行錯誤を繰り返しているのではないでしょうか。
アトピー性皮膚炎の原因は、まだはっきりとは分かっておりませんが、可能性の1つとして挙げられているのが食生活です。
今回は、食事において、アトピーの症状を和らげるために有効な方法をご紹介しましょう。
ぜひ実践して、アトピーに悩まされる日々とはサヨナラしたいですね!

アトピーに優しい食生活とは?

人間の身体は、口にした食べ物からできています。
だからこそ、食べ物によるアトピーへの影響は大きく、食生活を見直すことで症状も改善すると考えられています。

では実際に、アトピーの人はどういうことに気をつけるとよいのでしょうか?
大切なのは「アトピーを悪化させてしまう食事をしない」ことです。

例えば、

■洋食の頻度を減らして和食を増やす
食の欧米化が進むと共に、アトピー性皮膚炎の患者数も右肩上がりで増加しています。
原因は、洋食に多く含まれる、動物性食品(肉類、牛乳、卵など)、脂質です。
これらを過剰に摂取することでアトピーを悪化させてしまうのです。
一方、和食は、根菜類などの「野菜」が中心です。タンパク源も魚介類が基本なのでとてもヘルシーです。
洋食の頻度を減らして和食よりにすることで、アトピー症状が改善すると言われています。

■ファストフード、インスタント食品を避ける
ファストフード、インスタント食品には糖分、油が多く含まれており、保存料や食品添加物も使用されています。
アトピーを悪化させる原因となりますので、なるべく摂らないことをお勧めします。

■野菜や果物に残っている農薬(残留農薬)を洗い流して調理する
野菜や果物には、育てる過程で使用した農薬が付着したまま残っています。
これも、アトピーの原因になると言われています。
食事を作る前に洗い流すようにしましょう。

洋食より和食を、またファストフードやインスタント食品を避けるといった対策は自分次第でできますが、残留農薬についてはどうでしょうか?
水でしっかり洗い流すことで完全に除去できるのでしょうか?

野菜や果物の残留農薬を洗い流すベストな方法

実は、野菜や果物についた残留農薬を水のみで洗い流すことはできません。
なぜなら、もともと農薬は病害虫や雑草の被害を受けないように散布するものですが、雨で流されないようにするための展着剤というものが含まれているからです。
つまり、農薬は意図的に水に流れにくくしてあるのです。

では、どうすればきれいに洗い流せるのでしょうか?

そこでオススメしたいのが「ベジセーフ」を使用した野菜洗いです。

ベジセーフは、電解スーパーアルカリイオン水でできた野菜・果物専用洗浄水です。
残留農薬だけでなく、汚れ、細菌、放射能汚染物質なども除去することができます。
強力な洗剤などは一切含まれておらず、電気分解で吸着・除菌します。
手肌に優しく人体に影響がないため、赤ちゃんや小さなお子さんのいるご家庭、子育て中の方にも安心です。

ベジセーフがベストな理由!

他にも、ベジセーフをオススメするのには3つの理由があります。

■使用方法が簡単で手間がかからない!
たったの3ステップです。
①野菜や果物にまんべんなくスプレー
②表面を手で軽くなで洗い
③水道の流水で洗い流す

■野菜が美味しくなる!
ベジセーフで洗うと、野菜が新鮮でシャキシャキになり美味しくなります。
「野菜嫌いの子供も美味しく食べられるようになった」といったお客様からの喜びの声も上がるほどです。

■野菜以外にも使える!
人体に優しいベジセーフだからこそ、洗剤を使いたくないあらゆる場所に使うことができます。
・まな板や包丁の除菌に
・お部屋の消臭に
・哺乳瓶や子どものおもちゃの除菌に

ベジセーフで残留農薬を完全に除去して、アトピーに悩まされる日々とはサヨナラしませんか?
安心・安全な食生活で、快適な毎日を送りましょう!

今なら定期購入がお得です!
初回特別スタートキットとして、通常400mlボトル3本がはいった1.2Lボトルが1,500円(税抜)!!
2回目以降は1Lで2,700円となりとってもお得です!!
詳細はコチラ→

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【病気】の最新記事

SNSでもご購読できます。