ベジセーフがご好評いただいてるワケは!?高い安全性や効果も含めてベジセーフの魅力をお伝えします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ベジセーフ1

お陰様でベジセーフは、非常に多くの皆さまからご好評をいただいております。従来の野菜洗い洗剤などとは何が違うのか?ご好評をいただいている理由は何なのか?安全性や効果なども踏まえて、ベジセーフの魅力をお伝えしていきます。

ベジセーフは「野菜洗いの専用水」!

まず初めにベジセーフの簡単な紹介をさせていただきますと、ベジセーフとは、野菜洗いに最適なアルカリ濃度を独自に設定した「アルカリイオン水素水」です。
その99.9%が飲料用のお水を特殊なフィルターでろ過した純水、残りの0.01%が無機電解質から出来ています。この純水と無機電解質で電気分解をすることで、野菜に付着している様々な残留農薬や化学物質などを除去することが可能なのです。

また、ベジセーフは空気に触れることでただの「水」に変わります。残留物質をきれいに落とすことができ、野菜や果物、人体にはもちろん、地球環境にも大変優しい野菜洗いの専用水なのです。

■電気分解とは?
分解したい物質を溶かした溶液(ベジセーフ)に電圧をかけることによって、その化合物(残留物質など)に対してプラス極側で酸化反応を、マイナス極側で還元反応を引き起こして化合物を化学分解することを電気分解(あるいは略して電解)と言います。

野菜や果物には様々な残留物質が付着している!

私たちが普段口にしている野菜や果物には、目に見えない様々な残留物質が付着しています。例えば、皆さんも非常に関心が高い「残留農薬」や、添加物などの「化学物質」や「ワックス」であったり、海外から輸入された野菜や果物には「ポストハーベスト農薬」が残留していることもあります。

また、野菜や果物に付着している残留物質はこれだけではありません。「土壌菌(土壌微生物)」「O-157などの病原性大腸菌」「サルモネラ菌」インフルエンザ菌などの「ウイルス菌」「食中毒菌」場合によっては「放射性物質」が付着しているケースもあります。そして店頭に並ぶまでの間に、様々な雑菌やホコリ、油、ウイルスなどがさらに付着してしまうのです。

■農薬にはどんなものがあるの?
日本では殺虫剤、殺菌剤、殺虫殺菌剤、除草剤、殺鼠剤、植物成長調整剤、誘引剤、展着剤、微生物剤、そして薬剤ではありませんが害虫などの天敵も「農薬」に分類されています。これら薬剤として使用される物質は数百種類にも及び、国が使用できる量や人体への安全性などを考慮して厳しく規制しています。

■ポストハーベスト農薬ってなに?
近年特に注目を浴びているポストハーベスト農薬とは、収穫をした後に野菜や果物などに使用される薬剤のことです。主に殺虫剤、防カビ剤、殺菌剤などが使用されます。これは、海外から輸送してくる間や倉庫で保管している間にカビが生えたり菌が繁殖したりするのを防ぐのが目的です。
なお、日本では食品添加物として認められているもの以外は原則ポストハーベスト農薬の使用は禁止されています。

野菜や果物に付着している残留農薬などを落とすには?

インターネットなどでも様々な情報が出回っています。例えば基本中の基本である「30秒じっくり流水洗い」や、一時期ブームとなった「50℃洗い」「食品用重曹水洗い」、また近年では「野菜洗い洗剤」も数多く流通していますし、「食器洗い洗剤」の中にも野菜や果物を洗えるものがあります。特に野菜洗い洗剤は、様々なメーカーから独自の製品が発売されていますので、皆さんも一度は見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

野菜洗い洗剤は水道水で洗ったり重曹水などで洗うよりも効果が大きいと言われていますが、肌が弱い人が使用する場合や高濃度で使用する場合は、ゴム手袋の着用を推奨している製品もあるなど、人体に完全に無害なのかといった点ではまだ解明されていない部分があると言えます。
また、「薬剤を薬剤で洗う」といったことに抵抗がある方も多いのも現実です。

ベジセーフで洗うとどうなるの?

ベジセーフは洗剤ではなく、マイナスイオンを豊富に含んだアルカリ電解水です。野菜や果物の表面に吹きかけることで表面の汚れはもちろん、野菜の本来の表面まで素早く浸透してその先の汚れに吸着し、プラスイオンの汚れをマイナスイオンが包み込みます。同時に野菜や果物の表面もプラスからマイナスに変わり、マイナスイオン同士で反発し合うことで綺麗にはがれ落ちていきます。

■使用方法
野菜や果物にスプレーした後に、表面を手でまんべんなくなで洗いして、水道水で数秒間洗い流すだけです。特に汚れが強いと感じる場合は、スプレーして1分ほど放置してください。
また、食中毒菌・サルモネラ菌・大腸菌などに対してはスプレーして30秒ほど放置してください。

■お米を洗う場合
STEP1:容器に入れたお米にベジセーフを数回スプレー、お米全体にまぶします。
STEP2:スプレーしたお米をかき混ぜます。
STEP3:汚れた水を捨て、水道水で通常のすすぎをしてから炊いてください。

ベジセーフはここが違う!

ベジセーフの魅力はこれだけではありません。もう少し詳しく、色々な角度からその魅力をご紹介します。

■化学物質は一切含まれていません!
一般的な洗浄剤には、合成界面活性剤などを含む様々な化学合成物質が含まれていることが多いため、その高い毒性や浸透性、残留性などについて危惧されている面があります。
しかしながらベジセーフは「アルカリイオン水素水」ですので、合成界面活性剤はもちろんのこと、化学合成物質は一切含まれていません。

■環境汚染物質も一切含まれていません!
99.9%の純水と0.01%の無機電解質で作られていますので、無着色・無香料・無刺激で、地下汚染や水質汚染などの原因となる物質も一切含まれていません。

■引火や爆発の危険もありません!
特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律である「PRTR法」、揮発性有機化合物を規制した「VOC規制」、そして「消防法」などに対しても“規制対象外”ですので、使用や保管に当たって引火・爆発といった危険性はありません。

■「素早く落とす」ことにこだわりました!
野菜や果物などに含まれる栄養素の中には、熱で壊れやすい・水に溶け出しやすいといった水溶性のものも多く、長時間洗うことで栄養素が流れ落ちてしまうことがあります。
ベジセーフはそれら水溶性の栄養素を含む野菜や果物にも安心してお使いいただけるように、スプレー後はまんべんなくなで洗いをしていただき、水道水で数秒間洗い流すだけという、必要最小限の工程に抑えながら汚れを落とすことを可能にしました。

■食材以外にも使用できます!
ベジセーフは「野菜洗いの専用水」でもありますが、その安全性の高さから様々な食材や物に使用することができます。例えばコンロ周りの除菌、まな板の除菌、使用前の食器の除菌、包丁の除菌、箸やフォークなどの除菌、電子レンジや冷蔵庫の除菌といった食事に関わるものから、哺乳瓶の除菌やおもちゃの除菌といったお子様が関わるもの、そしてお部屋の除菌・消臭など非常に幅広い用途があり、いずれにおいても高い効果を発揮します。

このように、ベジセーフは安全性を重視して作られています。その実力は楽天市場で「抗菌・除菌グッズ部門/スプレー部門No.1」を獲得したことでも証明されています。

農薬問題について

「農薬」と聞くと、私たちはどうしても「悪いもの」であると捉えてしまいます。確かに、直接体に浴びたり摂取してしまっては、甚大な健康被害などをもたらしてしまいますので、悪いものであると言えます。
しかし、今こうして私たちが毎日美味しい野菜を口にすることができるのは、農業に従事されている方々の努力はもちろんですが、農薬の力も大きく影響しているのです。

■農薬の役割
日本において野菜や果物、その他農産物の生産量、品質を保つためには農薬は欠かせません。それは今日本が抱えている農業の問題が背景にあります。
一つは人手不足問題です。少子高齢化に伴い、農業従事者も高齢化しています。皆さんご存知だと思いますが、農作業は高齢者には非常に大変な部分もあり、人間の手だけで害虫・害獣駆除、あるいは病気から守るには、農家が持つ耕地は余りにも広すぎるためです。かといって跡継ぎは減っていますので、品質や生産量を保つためには農薬は必要なのです。
また、そういった問題以外にも日本の風土や気候の問題もあります。日本の高温多湿な環境では害虫が発生しやすく、近年では土壌汚染も大きな問題となっています。こういった環境の中で野菜や果物の品質や生産量を保っていくためには、やはり農薬は必要なのです。

■TPP問題
アメリカのトランプ大統領がTPPからの永久離脱を表明したことにより、今後どのように変わっていくのかが分からなくなってきましたが、TPPが発効されるようになると、外国産品の流通量が大きく増えてきます。日本で禁止されている農薬が使用され残留している食材や、ポストハーベスト農薬が残留している食材が輸入される確率は、今よりも高くなります。

このように農薬は、これからも私たちの食生活に必ずと言って良いほどつきまとう問題であり、生産過程や輸送過程においては必要なものである、ということを受け止めなければなりません。

子供の野菜離れも深刻

1日の野菜摂取目安量は350gと言われていますが、近年、特に子供たちの野菜離れが深刻化しています。大切な成長期である3歳~17歳のどの年齢層においても、軒並み摂取目安量を下回っているのです。
子供たちが健康で元気に生きていくためには野菜は必要不可欠な食材ですので、特に小さなお子様を持つご家庭では非常に気になるところではないでしょうか。

■ベジセーフで野菜が美味しくなる!
ベジセーフの効果は、汚れの除去や抗菌作用だけではありません。残留農薬を含め様々な汚れを除去することで、野菜がより水分を吸収できるようになり、「シャキシャキ」とした野菜本来のみずみずしさが蘇ります。
また、アルカリイオン水素水の効果によって酸化を防ぎ、冷蔵庫での保存期間も長くなります。

■まだまだある!ベジセーフの効果!
さらに、汚れが綺麗に落ちることで安心して様々な料理に使用することができるため、調理の幅が広がり、引いては子供たちの野菜離れ対策にもなります。

《野菜スイーツ》
例えば、市販のホットケーキミックスに細かく刻んだ野菜を混ぜるだけで、ヘルシーなホットケーキが出来上がります。栄養素を多く含んだ皮の部分を使用することもできます。アイデア次第で色々なスイーツに混ぜ合わせることができますので、おやつに出すことで野菜不足を補うことができます。

《ベジブロス》
調理で使わなかった部分(皮・タネ・ヘタ・切れ端など)を煮出すことで、栄養価満点のスープの完成です。特に表面や表面に近い部分にファイトケミカル(抗酸化力を持つ成分)などが豊富に含まれている野菜が多いため、ベジブロスはそのまま飲むこともできますが、スープやお味噌汁、インスタントラーメンの汁、カレーやシチュー、だし巻き玉子など様々な料理に応用できますので、ぜひお試しください。

ベジセーフ2

大切なご家族の健康のために!

私たちは1日3回、1年で1,095回もの食事をすることになります。毎日必要なものだからこそ、ベジセーフは安全と安心にこだわって作られています。
忙しい日々の中でも毎日コツコツ続けられるほど簡単な工程で、野菜や果物に付着した残留物質を素早く除去することができるベジセーフをぜひ、お試しください。
皆さんの大切なご家族の健康を守るお手伝いができればと、願っております。

自分や家族の健康管理に「ベジセーフ」

ベジセーフについてお伝えしてきましたが、ベジセーフの魅力を感じていただけましたでしょうか?
日々の健康管理や栄養管理のためにも、食材の安全が気になっているお母さんは多いことと思います。今回のお話にも出てきましたが、野菜や果物には家庭の水道水だけでは落としきれない残留農薬や添加物がついています。こういった農薬や汚れをきれいに落としてくれるのが、野菜洗い専用水の「ベジセーフ」です。
「ベジセーフ」を使って安全で美味しい野菜や果物を食べましょう!
 
今なら定期購入がお得です!
初回特別スタートキットとして、通常400mlボトル3本がはいった1.2Lボトルが1,500円(税抜)!!
2回目以降は1Lで2,700円となりとってもお得です!!
詳細はコチラ→

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【ベジセーフ】の最新記事

SNSでもご購読できます。