本当に知ってる?無農薬野菜の正体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
野菜

残留農薬が気になるということで無農薬野菜を選ぶ方も多いかと思いますが、無農薬野菜がどういうものか、本当にご存知でしょうか?
「無農薬野菜」ついて詳しくご説明すると共に、そのメリット・デメリットを把握して、今後の食生活に活かしていきましょう。

無農薬野菜とは「無農薬=薬を使っていない」ではない

多くの人が、「安全」と思っている無農薬野菜ですが、実は現状の無農薬野菜の表記は農薬を一切使っていないという安全性を保証するものではありません。

ポイントは2つあります。

一つ目は、無農薬野菜とは栽培中に農薬を一切使わずに栽培した野菜だということです。
あくまでも「栽培中」だけなので、栽培する前に化学肥料や農薬を使っていた土地で栽培したとしても無農薬野菜と呼ばれてしまいます。

二つ目は、農薬と定義されていない薬品を使用している可能性があるということです。
農薬とは、農林水産省にて安全性の高い厳しい検査を通過したものにのみ認められるものです。つまり、農薬と定義されていない、「薬品」を使用している可能性があるということです。

上記2点を見ていただければ分かるとおり、無農薬野菜は決して手放しで安全と呼べるものではありません。
「薬を全く使用せず育てた野菜」ではなく、「栽培中には農薬をしていないだけ」「審査に通っていない農薬を使っている野菜」かもしれないということです。
このように消費者に誤解を与えてしまうため、現在は無農薬野菜という表記は禁止されており、「特別栽培農産物」と呼ばれるようになっています。

完全に無農薬で作った野菜のメリット

■美味しい
野菜本来の美味しさを引き出しながら栽培されるため、味がしっかりしています。

■栄養価が高い
農薬に頼らず栽培するため、虫や病気に弱い分、栄養価が高くなることが証明されています。農薬を使用している野菜は栄養価が低く、たくさん食べても栄養不足になるという話もあります。

完全に無農薬で作った野菜のデメリット

■虫に弱い
虫が寄ってくるということはそれだけ安全な野菜という証なのですが、虫食いがたくさんあったり、虫が苦手な方は、毎回虫がついていないか確認したり取り除くのが負担になってしまうかもしれません。

■価格が高い、売っている店が限られる
病気や虫に弱いため、栽培にはとても手間がかかっています。そのため、価格が高くなってしまい、続けることが経済的に難しいという声が聞かれます。また、通常のスーパーでは中々手に入らないため、専門のネットスーパーで購入する必要があるため、即日手に入らないという問題が出てきます。

残留農薬の問題

できれば、完全な無農薬野菜を食べたいといった方も多いと思います。しかし、前述したとおり値段が高かったり、購入の手間などの問題もあり、徹底することは中々難しいのではないでしょうか。
有機野菜を利用するといったことも一つの選択肢ですが、やはり「有機野菜=完全無農薬ではない」ため、
やはり注意が必要です。

そこで、農薬を利用した野菜を食べることを前提すると、食べる前に野菜の表面に付着している農薬(残留農薬)を除去することが重要になってきます。

野菜の表面には農薬の他に、展着剤というものが付着しています。この展着剤というものは、ノリのような役目をしており、雨で農薬が洗い流されてしまわないように利用されています。
この展着剤が利用されていると、中々水洗いだけでは農薬を落とすことはできません。

そこで、この野菜の表面についた展着剤ごと農薬除去できる洗浄剤を利用することをおすすめします。
これにより、農薬を使用している野菜でも、表面の残留農薬を洗い落とせるため、美味しく安全に食事をすることができるようになります。

手軽に使える「野菜洗い」を使用しよう!

「ベジセーフ」はスプレータイプの野菜洗い専用水です。スーパーアルカリ水を使用しており、野菜に吹きかけ軽く撫で洗いをして洗い流すだけでしっかりと残留農薬や添加物、汚れを落とすことができ、除菌対策としても使用することができます。
成分も99.9%が純水で時間が経つとただの水に戻るので、安全性も高い商品です。

ベジセーフがあれば、無農薬野菜ではなくても、表面に付いた残留農薬は除去することができるため、毎日の食卓に「安心」という美味しさがプラスされます。残留農薬が気になる方は是非チェックしてみてくださいね。

ベジセーフは定期購入がお得です!
初回特別スターターキットとして、通常400mlボトル1,500円(税抜)のところを送料無料で800円(税抜)。
2回目以降は1Lで2,700円、6大特典付きです!
詳細はコチラ→

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【食の安全】の最新記事

SNSでもご購読できます。