子供が病気のときにおすすめの食事とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%80%80%e7%97%85%e6%b0%97%e3%80%80%e9%a3%9f%e4%ba%8b

風邪やインフルエンザなどが流行る時期になってきました。
子供は免疫が弱いので病気にもなりやすく、親御さんはいつか体調を崩してしまうのではないかとヒヤヒヤしながらお過ごしのことと思います。
特に幼稚園や小学校に通い始めると、必然的にウイルスや細菌にさらされる機会が増えて、風邪はなかなか避けて通ることのできないものです。

体調を崩してしまったときに気を付けなければいけないのは、しっかり睡眠をとること、そして必要な水分と栄養を摂ることです。
今回は、子供が病気のときにおすすめの食事をご紹介します。

発熱から解熱までには4つの期間がある

発熱から解熱するまでの間には、大きく分けると4つの期間があります。

■発熱期
熱が出始め、次第に上がっていく

■稽留期
熱が一番高いとき

■解熱期
熱が下がり始め平熱に戻るまでの間

■回復期
平熱に戻り、全快に向かう

子供が今どの段階にあるかによって、必要な栄養も変わってきます。

発熱期・稽留期に良い食事とは?

■水分補給
熱が出ると汗をかきます。
脱水症状を招かないよう、こまめに水分を摂るようにしましょう。

リンゴジュースやポカリスエット、水、お茶などで水分を補給しましょう。
(オレンジなど柑橘系のジュースは、吐き気を助長してしまう可能性があります。)
経口補水液は、医師から指示された場合に限り飲ませてください。
乳児の場合は、母乳やミルクを欲しがるだけ与えましょう。
吐き気がある場合は、飲ませすぎると吐いてしまって逆効果になる場合もあります。少しずつ、時間を空けて様子をみながら飲ませて下さい。

■食事
食欲がない場合は、無理に食べさせる必要はありません。
おすすめは、
・スープ
・ゼリー など
よく「食欲がないときは、子供が食べたがるものを食べると良い」という言葉を耳にしますが、スナック菓子などは脂肪分が多く、消化も悪いためできるだけ避けましょう。
また、下痢の時は、お腹を冷やすアイスクリームは控えましょう。刺激になります。
逆に、下痢や嘔吐の症状がなく、高熱や喉の痛みで食事が摂れない場合は、アイスクリームでもOKです。

食欲がある場合でも、できるだけ消化の良いものにしましょう。
・お粥
・柔らかくゆでたうどん
・野菜や果物の裏ごし
・野菜のスープ
・豆腐 など
月齢的に、子供が普段離乳食を食べているときは、無理に食べさせる必要はありません。
食欲があるようなら、後期離乳食の子供なら中期離乳食を、中期離乳食の子供なら初期離乳食を、と一段階戻したものを与えましょう。

解熱期に良い食事とは?

解熱期には子供は少しずつ体力が回復し、食欲もでてきます。
でも、だからといっていきなり普段通りガッツリ食べてしまうと、まだ胃腸が弱ったままの体には大きな負担となってしまいます。
そのため、発熱期・稽留期と同様、消化の良いものを食べさせましょう。
飲み物もしっかりとることを忘れないようにしましょう。

回復期に良い食事とは?

熱が下がると親御さんは一気に安心しがちですが、子供の体は何日も熱と戦ってきたので想像以上に体力を消耗しています。
ビタミンやミネラルをたっぷり含んだ栄養いっぱいの食事を摂らせてあげてください。
・にんじん、かぼちゃ、ほうれん草などの緑黄色野菜
・白身魚
・卵 など

おすすめレシピ

ここで、発熱期・稽留期・解熱期・回復期全てにおいて使えるおすすめレシピをご紹介しましょう。

■野菜スープ
材料:玉ねぎ、大根、にんじん、白菜、ねぎ、卵、肉団子

①鍋に水を3~4分目まで入れて火にかけます。
②大根とにんじんをいちょう切り、玉ねぎを薄切りにして鍋に入れます。
③少し遅れて白菜をざく切り、ネギを斜め薄切りにして鍋に入れます。
④沸騰してから肉団子と溶き卵を流し入れます。水が少なければ足してください。
 卵は固まるまであまり混ぜないようにしましょう。
⑤コンソメ、しょうが、にんにくを適量入れて片栗粉でとろみをつけて完成

⇒発熱期・稽留期で食欲がない、もしくは吐き気があるときは、スープのみ飲ませてください。
解熱期は野菜がより柔らかくなるまで煮込み、回復期は食べやすい柔らかさで召し上がってください。

■野菜と鶏だんごのうどん
材料:大根、にんじん、白菜、鶏だんご、(うどん)

①大根とにんじんをいちょう切り、白菜をざく切りにする
②鍋に水とだし、①を入れて火にかける
③沸騰したら鶏だんごを入れて煮込む
④火が通ったらしょうゆ、塩で味を調える
⑤④にうどんを入れて煮込む

⇒発熱期・稽留期で食欲がない、もしくは吐き気があるときは、スープのみ飲ませてください。
 解熱期は、うどんをより柔らかくなるまで煮込むと良いでしょう。
 回復期は、うどんは食べやすい柔らかさで召し上がってください。

今回ご紹介したレシピは、病気の子供用に別途作るのではなく、大人の食事からの取り分けで食べられるのでとても便利です!
ぜひ参考にしてみてください!

自分や家族の健康管理に「ベジセーフ」

日々の健康管理や栄養管理のためにも、食材の安全が気になっている方は多いのではないでしょうか。実は野菜や果物には家庭の水道水だけでは落としきれない残留農薬や添加物がついています。こういった農薬や汚れをきれいに落としてくれるのが、野菜洗い専用水の「ベジセーフ」です。
「ベジセーフ」を使って安全で美味しい野菜や果物を食べましょう!

今なら定期購入がお得です!
初回特別スタートキットとして、通常400mlボトル3本がはいった1.2Lボトルが1,500円(税抜)!!
2回目以降は1Lで2,700円となりとってもお得です!!
詳細はコチラ→

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【食事】の最新記事

SNSでもご購読できます。