防カビ剤って何?輸入品の果物は念入りに洗おう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
フルーツ

フルーツって本当に美味しいですよね!子供も大人も大好きな食べ物だと思うのですが、スーパーに並んでいる果物のほとんどが外国産だったりしますよね。
色も鮮やかで美味しそう!という気持ちが先行してしまいますが、輸入されているほとんどの果物、特に柑橘類に防カビ剤というものが使用されています。この防カビ剤の問題と、対策について見ていきましょう。

防カビ剤とはどのようなもの?

腐敗、カビが発生するのを防ぐためのもので、主にレモンやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類に使用されています。
収穫した果物のヘタや葉を取り除いた後、OPP(オルトフェニールフェノール)ナトリウム塩と呼ばれる防カビ剤のシャワーをかけて、その後にTBZ・イマザリルでワックス処理を行います。
カビが生えていない綺麗な状態の果物がスーパーに並んでいるのは、この防カビ剤やワックスのおかげなのです。

イマザリルなど、収穫後に使用するものは食品衛生法に関わるものとなり、食品添加物という部類分けをされています。パッケージには「食品衛生法に基準に従い、防カビ剤のTBZ・イマザリルを使用しています」などと表記しないといけない決まりになっています。
このイマザリルは日本ではその毒性の高さから使用を禁止しており、農薬としても登録されていません。しかし、輸入品に使用されていても輸入禁止とはならないのです。

飲み物など、輪切りの状態のまま使用することがあると思うのですが、防カビ剤は水につけると、1分間程度で付着している防カビ剤の半分くらいが溶け出してきてきます。
さっと洗っただけの果物を飲みものに使ったり、ジャムなど皮ごと使用するものは防カビ剤も一緒に食べてしまうことになります。何だか怖いですよね。

防カビ剤が体に与える影響

そんなに問題なのかな?って思う方もいらっしゃるかもしれませんね。
イマザリルは急性毒性が高いそうです。動物実験では、イマザリルの混ざった餌を与えたマウスから生まれた子供に、授乳初期の体重増加抑制、神経行動毒性が認められたそうです。

使用限度は柑橘類で0.005g、バナナで0.002gと基準値が決められていますが、実際それ通りに使用されているかはわからないですし、日本で使用が禁止されているのに、輸入品に関しては使用が認めてられている、というのは少しおかしいと思いますよね。

また、防カビ剤に関しては怖いのが、毒性について、まだ判明していないことがあるということです。
色々な防カビ剤が複合されて体内に入った場合どういう影響が出るかはわかっておらず、後からとても体に悪い物だったとわかっても、どうしようもありません。

水で落ちない…?どのように対策したらいいのか

防カビ剤は不水溶性なので水では落ちません。だからといって洗剤を使用するのは絶対にダメです。洗剤には界面活性剤が含まれており、それにより洗剤の成分が果肉まで浸透してしまう恐れがあります。
絶対に防カビ剤を体に取り入れたくない、という場合は国産などの防カビ剤を使用していないものを購入したほうがいいかもしれません。ジャムを作る場合や、輪切りにして飲み物に入れる場合なども、そのようにしたほうが気持ち的にも安心だと思います。

また、柑橘類など切っているうちにどんどん防カビ剤が溶け出していってしまうので、半分にカットしたら、その後は果肉面からカットしていくなどの切るときに工夫が必要になります。
手で剥く場合には、ティッシュで果物を包みながら剥くのがオススメです。果汁が出てきてもティッシュが吸収してくれるので、防カビ剤の溶け出しを防ぐことができます。

野菜や果物を洗う専用の商品を取り入れよう

毎回慎重に切ったり、ゴシゴシ洗ったとしても、本当に落ちてるのかな…などと不安を感じながら食べるのは嫌ですよね。

そのような場合は、野菜や果物を洗浄する専用の商品、「ベジセーフ」の使用をおすすめします。
ベジセーフはスーパーアルカリ水というものでできていて、無味無臭、時間が経つと水に戻るという安全性の高い野菜洗い専用水です。
ベジセーフにはマイナスイオンが沢山含まれており、果物に吹きかけるとプラスイオンを含んだ汚れや有害物質などと混ざり合い、つるんと落としてくれます。雑菌を除去してくれる効果もあるので、食中毒対策もバッチリです。

使い方も非常に簡単で、野菜や果物にまんべんなくスプレーし1分間放置。そのあと表面を手で軽くなで洗いし、最後に水道の流水で洗い流すだけです。これで表面につい防カビ剤を除去できます。

ベジセーフを取り入れて、美味しくて安心なフルーツのある生活を送りましょう!

今なら定期購入がお得です!
初回特別スタートキットとして、通常400mlボトル3本がはいった1.2Lボトルが1,500円(税抜)!!
2回目以降は1Lで2,700円となりとってもお得です!!
詳細はコチラ→

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【食の安全】の最新記事

SNSでもご購読できます。