家庭菜園始めてみませんか?栽培にオススメの野菜と収穫後の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ミニトマト

家で野菜作ってみたいな…と思ったことはありませんか?夏になるとご近所でキュウリやプチトマトを育てているのを見かけたりする方もいると思います。
難しそうと思われがちですが、意外と簡単に育てられるんですよ!オススメの栽培野菜や方法、注意点をご紹介します。

家庭菜園の醍醐味

自分で育てられるということはもちろんのこと、その成長過程を見守り育ててきた野菜を「収穫する」ことができ、「食べる」ことができるというのは家庭菜園ならではの楽しみです。
その家庭菜園を中心に家族や近所の方、自然と触れ合うことによってできる人のつながりができるというのも、家庭菜園の醍醐味だと思います。

初めて家庭菜園をする時のポイント

色々育ててみたくなると思いますが、まずは自分のレベルにあった育てやすい野菜を選びましょう。これが、家庭菜園を成功させるポイントです。
難易度の高いものからは始めて失敗してしまうと、モチベーションも下がってしまったり、家庭菜園とはどういうものなのかを感じることができません。

家庭菜園で育てることができるおすすめ野菜

■プチトマト(植付け4〜6月・収穫5〜9月)
初心者の方でも比較的簡単に育てられます。

■キュウリ(植付け4月〜7月・収穫6月〜9月)
生育期間が短く、植え付けてから約40日で収穫できます。

■ナス(植付け4月〜6月、収穫6月〜10月)
収穫までに約80日かかるため、種から育てることもできますが苗から育てることをおすすめします。

■枝豆(種まき4月〜6月・収穫6月〜9月)
レリーフプランター(横長のプランター)以上の大きさのプランターでも問題なく育てることができます。

■ピーマン・シシトウ(植付け4月下旬〜5月中旬・収穫6月上旬〜10月中旬)
暑さに強く、育てやすい野菜です。この2種類は育て方は同じです。

害虫・病気問題と対策

家庭菜園を始めてまず直面する問題は、野菜目当てでやってくる虫の多さ、そして病気だと思います。いつの間にこんなに!というくらい歯を食い荒らされたり、急に弱って枯れてしまったり、悲しい思いをする前に害虫・病気対策もしっかりと行いましょう。

■日当たりと風通しを良くする
日当たりが悪いと生育不良になったり、風通しが悪いと虫の住処となりやすくなります。

■水はけを良くする
高温多湿というのは虫が最も好む状態。虫が増えてしまうと、それ目当ての鳥が来たり、二次被害が起きることもあります。

■除草をする
受け付けた付近の雑草をそのままにしておくと、そこが害虫の繁殖場所となってしまいます。

■収穫時に野菜を傷つけないようにする
傷から病原菌が侵入し、病気にかかってしまうことがあります。

■肥料の与えすぎ・肥料不足
肥料を与えすぎると株が痛んでしまったり、逆に肥料不足は虫や病気の抵抗力がなくなってしまったりします。

■虫が寄り付かないようにする
不織布やネットを取り付け、虫が侵入できないようにします。

■使用した土の消毒
使用した土には、目に見えない害虫が発生していることがあります。

家庭菜園で農薬の使用

上記の方法では解決が難しい場合には、農薬を使用するのも手です。
農薬は体に悪い、環境に良くない、といったイメージをされている方もいると思いますが、天然由来のものや、手作りするという方法もあります。納得できるものを選んで使用しましょう。

家庭菜園の野菜もしっかりと洗おう

家で育てたものだし、別に洗わなくてもいいんじゃない?と思われるかもしれませんが、目に見えない汚れがたくさん付いていたり、農薬を使用した場合には、農薬が残留している場合もあるので、しっかりと洗うようにしましょう。
簡単に水洗いするだけでは、なかなか汚れが落ちないこともありますよね。ゴシゴシこすって野菜に傷をつけるのも嫌という方には、野菜洗い専用の商品を使用することをおすすめします。

野菜を洗う専用商品の大部分は、専用の粉末を水に溶かし、つけ置きするというものですが、スプレータイプの「ベジセーフ」であれば、野菜に吹き付けて撫で洗いをするだけで、とっても簡単に残留農薬や汚れをしっかり落としてくれます。
家庭菜園で育てた野菜をしっかり洗うことで、野菜本来の味を楽しめ、より美味しく感じるとおもいます。

今ならベジセーフ定期購入がお得です!
初回特別スターターキットとして、通常400mlボトル1,500円(税抜)のところを送料無料で800円(税抜)。
2回目以降は1Lで2,700円、6大特典付きです!
詳細はコチラ→

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【野菜】の最新記事

SNSでもご購読できます。