残留農薬とは一体どんなもの?農薬の役割と残留農薬の落とし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
農薬散布

「ニュースなどにも取り上げられることがある「残留農薬」。
「悪いもの」という漠然としたイメージをもたれている農薬ですが、どういう役割を果たしているのかご存知ですか?ここでは農薬の役割、残留農薬の影響や落とし方をご紹介します。」

農薬の役割

農薬は、作物が病気になったり虫が付くのを防ぐ・保護するために使用されています。
人間に例えると、予防接種や虫除けスプレーのような存在です。
天候が悪い時や旬ではない作物は、育成が悪くなってしまったり、虫がつきやすくなったりしやすいのですが、農薬によってそれを防ぐことができます。
季節を問わず様々な野菜や果物が手に入るのは農薬の存在があるからなのです。

残留農薬とは?何故残留してしまうのか

その名の通り、野菜や果物に落ちずに残ってしまった農薬のことを言います。
農薬は、ただ散布しても付着率が低く雨などにより洗い流されてしまうため、しっかりと作物に農薬が付着するように「展着剤」というものを使用します。
この展着剤により農薬の効果が持続し作物は守られているのですが、「落ちないように」するためのものなので、ただ水洗いしただけでは農薬は落とすことができず、残留してしまうのです。

残留農薬の影響とは

すぐに何か症状が出るわけではありませんが、徐々に農薬が体内に蓄積されていくことにより、「農薬中毒症状」が出てきます。

■身体的症状
めまい、頭痛、立ちくらみ、吐き気、肌荒れ、など

■精神的症状
倦怠感、うつ、イライラ、不安感、など

農薬は、成人の方よりも子供の方が体に吸収されやすく影響を受けやすいです。また、妊婦の方やアレルギーを持っている方も影響を受けやすいといわれています。
だからといって農薬を一切体に入れたくないと気にしすぎて、様々な作物を疑いながら生活するのは精神的に良くありません。
残留農薬は家庭でも落とすことができるので、その方法をいくつかご紹介します。

残留農薬を落とすことができる身近な物・商品

■重曹
ボウルに重曹をスプーン2杯ほど入れて混ぜ、野菜を30秒ほど浸す

■お酢
水とお酢を2:1の割合で混ぜ、野菜を30秒ほど浸す

・50度のお湯
48度〜52度のお湯に、食材によって決まった時間浸す

■サンゴの粉末
水を浄化する作用があるサンゴの粉末を利用した商品。水に溶かし、数分つけおきする。

■貝の粉末
除菌洗浄効果のあるホタテやホッキ貝の粉末を利用した商品。水に溶かし数分つけおきする。

どれも天然成分で体には優しいのですが、溶かす手間やつけ置きをしないといけないため、手間と時間がかかるというデメリットがあります。

この2つのデメリットを解消した商品

微量の無機電解質と純水のみを混ぜ、アルカリ性を引き上げたスーパーアルカリイオン水「ベジセーフ」です。
粉末ではなく水状なので、溶かす手間がありません。
スプレー状になっていて、野菜に吹き付けて軽く撫で洗いしたら洗い流すだけなので、つけおきをする必要もありません。お米にも使用できます。

残留農薬や添加物、汚れをしっかり落とすことができるので鮮度が長持ちし、野菜本来の味が蘇り美味しくなります。
また、ウイルス菌や食中毒の原因になる菌を除菌する効果もあるので、まな板や包丁・子供が触れるおもちゃなどにスプレをーして除菌対策をすることもできます。
色々な使い方ができる上に、ベジセーフは99.9%水でできており無味無臭で、時間が経つとただの水に戻るので、安心して使用できるのも嬉しいですね。

毎日料理を作る際に、時間をかけて残留農薬や添加物を除去するというのは時間的にも精神的にも負担になってしまいます。
気軽に使える商品を取り入れて、野菜・果物本来の美味しさと、安心を手に入れましょう。

ベジセーフは定期購入がお得です!
初回特別スターターキットとして、通常400mlボトル1,500円(税抜)のところを送料無料で800円(税抜)。
2回目以降は1Lで2,700円、6大特典付きです!
詳細はコチラ→

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【食の安全】の最新記事

SNSでもご購読できます。