逆効果にもなる!?ポリフェノールに健康作用がないことが判明!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
%e3%83%9d%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%ab

血管強化や動脈硬化の予防にもなり、美容や健康のためにも摂るべきとされてきたポリフェノール。ポリフェノールが含まれている代表的なもの、と言えば赤ワインですが、近年赤ワインに含まれるポリフェノールには、今まで認知されてきたような健康効果が「実はない」ことが判明した、ということをご存知でしょうか。赤ワインのポリフェノールについての知識を、改めて見直していきましょう。

赤ワインの効果って・・・?

赤ワインの効果として、動脈硬化予防、ボケ防止、安眠、ガン予防、高血圧予防などが挙げられます。このような効果から、赤ワインは健康にいいと言われてきましたが、それを示すものとして、「フレンチ・パラドックス」があります。

フレンチ・パラドックスとは、フランス人は他の先進諸国に住む人々よりも、チーズやバターなどの乳脂肪や、肉類などの動物性脂肪を多く摂取しているにも関わらず、心臓病による死亡率が低く、動脈硬化の患者も少ないという現象のことを言います。

この現象を解くカギとして、フランス人が他国の人よりたくさん飲んでいる「赤ワイン」に含まれる「ポリフェノールの抗酸化作用」が理由であると説明されてきました。

ポリフェノールには400を超える種類があると言われていますが、特に、赤ワインに含まれる「レスベラトロール」が動脈硬化を防ぎ、心臓血管の疾患を予防する働きがあるとして注目されてきました。

レスベラトロールに効果なし!?

健康にいいとされてきたポリフェノールの一種であるレスベラトロールですが、実は効果がないという研究結果を示す論文が、アメリカ人博士によって発表されました。この研究は、イタリアのワイン生産地で9年かけて男女783人の健康状況を分析し、レスベラトロールの効果について分析したものです。

結果として、レスベラトロールの摂取量が多い人達と少ない人達とでは、心臓血管疾患やガン、寿命などに違いは見られなかったとされ、そのため、レスベラトロールに実質的な効果はない、と結論づけられました。

この理由の一つとして、ポリフェノールは人体に吸収されにくいことがあります。ポリフェノール自体に効果はありますが、それが体内に吸収されないため、人体に与えられる健康作用がほとんどないと考えられています。

さらに、赤ワインを飲むことで、便秘を悪化させてしまうことがあります。便秘解消のために赤ワインを飲んでいるという人もいて、赤ワインは便秘解消にいいという認識が広がりつつありますが、摂り過ぎると逆効果になってしまいます。

これは、赤ワインに含まれるアントシアニンやタンニンというポリフェノールに、「下痢止め効果」があるためです。アントシアニンやタンニンは、腸のぜん動運動を抑制し、腸内の水分分泌を抑える働きがあるため、便秘の原因となってしまう可能性があるのです。

他のポリフェノールの効果は?

前述のイタリア人を対象とした分析で出た研究結果で、効果がないとされたのはレスベラトロールのみで、他のポリフェノールについては触れられていません。
ポリフェノールは赤ワインだけでなく、チョコレートのカカオマスポリフェノール、大豆イソフラボン、りんごポリフェノール、ウーロン茶重合ポリフェノールなど、たくさんの種類があります。これらのポリエノールの効果については、まだはっきりと分かっていないところがあります。

効果があると言われ、積極的に摂取してきたものが、後々実は効果がなかったと分かる可能性もあり、判断が難しいところです。しかし、食への情報にアンテナを張り、新しい情報を吸収しながら、自身や家族の健康的な食生活を考えることが、食への意識を高めることにつながりますので、常に食への関心を持つよう心がけましょう。

食に関心の高い方におすすめの「ベジセーフ」

日々の健康管理や栄養管理のためにも、食材の安全が気になっている方は多いのではないでしょうか。実は野菜や果物には家庭の水道水だけでは落としきれない残留農薬や添加物がついています。日々の野菜洗いに一手間加えるだけでこういった農薬や汚れをきれいに落としてくれるのが、野菜洗い専用水の「ベジセーフ」です。

今なら定期購入がお得です!
初回特別スタートキットとして、通常400mlボトル3本がはいった1.2Lボトルが1,500円(税抜)!!
2回目以降は1Lで2,700円となりとってもお得です!!
詳細はコチラ→

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【食事】の最新記事

SNSでもご購読できます。