野菜を洗って、アトピー対策!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
赤ちゃん

現在では広く使われている農薬ですが、農薬が使われるようになったのは実は戦後から。そして、アトピー患者が増えたのも戦後からだと言われています。時期が重なっているため、農薬とアトピーには関係があると考えられています。
アトピーの原因や、対策、残留農薬との付き合い方を見ていきましょう。

アトピーが起こる原因

アトピーを発症する原因は未だはっきりとは分かっていませんが、遺伝による体質や、生活環境、肌の弱さ(皮膚のバリア機能の低下)、免疫力や抵抗力の低下などが関係して発病すると考えられています。
なお、アトピーは子供の頃に発症するものと思われがちですが、アトピーの素因を持っていると大人になってから急に発症するケースもあります。

アトピーを発症する方は、元々アレルギー体質の方が多いと言われています。アレルギー体質とはアレルギーを発症しやすい体質のことですが、アレルギーの発症は、体の内側でアレルギー反応が起こるためです。

アレルギー反応とは、体の過剰反応です。人体には、体内に入ってきた異物を排除するための防御機能(免疫)がありますが、その防御機能が異常に働き、普段なら害のないはずのものにまで体が過剰に反応(アレルギー反応)してアレルギー症状が出てしまうのです。

アレルギー反応を起こす因子には、カビ、ダニ、ハウスダスト、花粉、卵や牛乳などの食品などと、実に様々なものがあります。また、アレルギー反応に至る因子の摂取量は人によって異なり、ほんの微量でもアレルギー反応を起こしてしまう方や、さらには症状が悪化してしまう方もいます。

アトピーの症状

主に3つの症状に分けられます。

■痒み
乾燥している部位や、汗の刺激を受けた部位が痒くなります。最初は「なんとなく痒いなぁ…」という程度ですが、だんだんと強烈な痒さに発展していきます。
また、その部位を一度掻き始めると、その掻いた刺激でさらに痒さが増し、痒みの範囲も広くなっていきます。場合によっては、夜も眠れなくなるぐらいに痒くなってしまうこともあります。

■段階を踏んだ症状
乾燥や汗などの刺激により痒みが出てきて、我慢できずに搔きむしって皮膚を掻き壊してしまうと、赤く腫れて熱を持つようになり、さらに痒みが増していきます。

肌の抵抗力が弱まり、少し掻いただけでも血が滲むようになります。

掻き壊してしまった部分にブツブツとした湿疹が出てきます。

肌の状態が不安定になっていき、湿疹がジュクジュクした状態になっていきます。

少し触れただけでも湿疹が潰れ、体液が滲むようになります。

体液と血の混ざった瘡蓋(かさぶた)ができ、皮膚がゴワゴワと硬くなっていきます。

■何度も繰り返す
アトピーは、同じ季節に症状が出てきたり、良くなってきたと思ったら翌日からひどくなってしまったりと、良くなったり悪くなったりを繰り返し、ときには日常生活に支障をきたしてしまう場合もあります。

アトピー症状を出さないためには

アレルギー反応の原因となる物質がほんの微量だとしても、それに触れることで敏感に反応してしまい、アトピー症状が出てしまいます。
そこで大切なのは、日常生活においてアレルギー症状の原因となる物質を、とにかく接触を避けて少しでも取り除くことです。

何が原因となっているのかを知る

検査によって、自分が何にアレルギーを持っているかはある程度調べることはできますが、細かい部分までは判定はできません。
普段の生活の中で、何をした時に、何を食べた時に、どこに行った時に症状が出たのか、自分の行動をよく観察しておくことが大切です。
可能なら行動や食べたものを日記などに記しておくと、あとから見返して確認もできるので良いのではないでしょうか。

食品そのものではない部分でアレルギー反応が出ているかも!?

同じ食材を使用したメニューでも、「前に食べた時は症状が出なかったのに、今回は出た!」という経験をしたかたもいらっしゃるのではないでしょうか。
このような場合、本人の体調などによる場合もありますが、その食品に使用されている添加物に反応している場合があります。
また、サラダなどシンプルに野菜を食べた際に症状が出た場合は、アレルギー反応の原因が野菜にではなく、野菜の「残留農薬」に反応したため、ということも考えられます。

残留農薬による人体への悪影響

農薬が体内に入ると、腸から吸収されて肝臓で分解されるか、尿として体外に排出されていくとされています。しかし100%排出されていくわけではなく、排出されていかなかった分はなんとそのまま体に蓄積することもあるそうです。

また、毎日の食事で残留農薬がある野菜を食べるということは、常に体に農薬があるということにもなります。野菜は毎日の食卓に出るものですから、少なからず農薬を口にしてしまっている可能性があり、それがアレルギー反応を起こしているかもしれません。

しかし、「少しでも刺激になる因子を減らす」という意識と行動はとても大事ですが、気にしすぎて精神的なストレスになってしまうことは、体の免疫力も下げてしまいかねないので、アトピーにも良くありません。

食材を買う際には、たとえば有機野菜のものを選ぶなどしながら、「農薬が体内に入って症状が出てしまったらどうしよう…」ではなく、「この野菜を食べてしっかり栄養をつけるんだ!」という方に重点を置きましょう。

野菜を洗って残留農薬を取り除く

農薬が気になるけれど、野菜を食べないわけにもいかない…。この不安は、実はしっかりと野菜を洗うことで解消されます。
しかし、ただ水洗いをするだけでは残留農薬は落ちませんので、野菜を洗う専用の商品を使うようにしましょう。

野菜洗いには、「ベジセーフ」おすすめです。
ベジセーフは手軽なスプレータイプになっていて、ただ野菜に吹きかけて撫で洗いするだけで残留農薬や汚れを落としてくれます。また、中身はスーパーアルカリイオン水なので、時間が経てばただの水に戻り、安全性も高い商品です。

私たちの体は、日々食べたものによって作られています。体に良いもの摂り続けていれば、体を良い状態に保てますし、逆もまたしかりです。野菜を洗って残留農薬を除去することは、間違いなく体に良いことですし、アレルギー症状を緩和できるかもしれません。
アトピー症状でお悩みの方に、ベジセーフはとてもおすすめです。

今ならベジセーフ定期購入がお得です!
初回特別スターターキットとして、通常400mlボトル1,500円(税抜)のところを送料無料で800円(税抜)。
2回目以降は1Lで2,700円、6大特典付きです!
詳細はコチラ→

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【病気】の最新記事

SNSでもご購読できます。