Menu

ベジセーフの使い方

簡単3ステップで、
暮らしのどこでも使えます

基本の洗い方は、「①スプレーをして、②なで洗いをして、③きれいな水で洗い流す」だけ。いちごやぶどうなどデリケートな野菜や果物は、なで洗いをせずに20秒ほど置いた後にすすいでください。

スプレー目安:表面全体に水滴がつくくらい
Q:ベジセーフは何を落としてくれるの? Q:野菜や果物を洗うと、美味しく感じるのはなぜ?

いろいろ使えるベジセーフ

お米やお肉、お魚など、
どんな生鮮食品も美味しく

野菜や果物だけでなく、お米やお肉、お魚の気になる汚れも落とせます。

スプレー目安は米1合に対して3回
ベジセーフをかけて洗い流したら、あとは通常のとぎ洗いをするだけ。
お米の表面に付着したちりや、古くなった米ぬかを洗い落とすのでツヤツヤな炊き上がりになります。

Q:お米を洗うと美味しく感じるのはなぜ?

肉・魚

スプレー目安はお肉やお魚の表面全体に水滴がつくくらい
ベジセーフをかけたら、水でさっとすすぎます。最後は必ずキッチンペーパーで水分を拭き取ってください。表面の細菌を取り除くだけでなく、余計な油分や臭みがとれて美味しく食べられるようになります。

Q:お肉やお魚を洗うと美味しく感じるのはなぜ?

アク抜きや鮮度保持、
お掃除にも使えます

料理の下ごしらえなどキッチンまわりで大活躍。
水で洗い流すことができない場所のお掃除では、軽くスプレーしてさっと拭き取るだけですっきり綺麗になります。

アク抜きに

スプレー目安は野菜1つあたり5~8回
※れんこん5回 / なす6回 / じゃがいも7回 / ごぼう8回
ベジセーフをかけて20秒後、出てきたアクを洗い流せば面倒なアク抜きも手間がかかりません。

Q:アク抜きができるのはなぜ?

酸化防止に

スプレー目安は野菜の表面または切断面全体に水滴がつくくらい
水素の力で野菜の酸化を防ぐので、傷みやすいもやしや、しなりやすい葉野菜も長持ちします。

Q:野菜や果物の変色を防止できるのはなぜ? Q:鮮度を維持できるのはなぜ?

お掃除に

スプレー目安は気になるところ全体に水滴がつくくらい
壁や床、窓ガラス、シンクや冷蔵庫などに、直接スプレーして乾いた布で拭き取ると、手垢などの油分を落としてすっきり綺麗な仕上がりになります。お子様のおもちゃなどにベジセーフをスプレーした後、一度乾いた布で拭き取ってご使用ください。