Menu

化学物質をつかわない暮らし

現代社会は幸か不幸か、「化学物質」なしに過ごすことが大変困難になってきています。 洗剤などの合成化学洗剤、農薬やポストハーベストなどの薬剤のおかげで、 わたしたちは便利な生活と十分な食物を得られるようになりました。

人体に必要なのは食物そのものであり、その生産・保存に必要な農薬などの化学物質は必要ありません。 しかし、人工に見合った食物量を育てるために化学物質を使用することは仕方のない側面もあります。

健康な生活のためには、生産時に使用された化学物質を食事の前に取り除くことが必要です。 そして、その化学物質を取り除くために化学物質を使用するべきではありません。 ベジセーフは化学物質を使用せず、安全にかつ確実に食品表面に残留する農薬などの化学物質を取り除いてくれます。


医療法人社団 医献会
辻クリニック理事長
辻直 樹 先生

本来の健康に必要な「水」の力

人が生きるにも、食物が育つにもすべて「水」の力が必要です。人も自然も、水がないと生きられない。心と身体の本来の健康も、水が合わなくてはだめ。自然の力で引き出すというベジセーフのその概念は理にかなっていると思い、すぐに使いたくなりました。

化学物質を使用せず、安心で安全な、農薬などのない食材を口にしていきたい。家族に安心して食べさせたい。大切な人へ伝えたい。日々の生活に取り入れている「ベジセーフ」はいつも常備しています。

『自然の水で洗い、自然の力で引き出し、自然の恵みをいただく。』そんな生き方を目指したいです。ベジセーフに出逢えたことに感謝ですね。

※ベジセーフを使ったレシピの紹介:食の連載「胸肉365」



ふるさと生活・健美食研究科
133代奄美観光大使
奄美ふるさと100人応援団
やまなか順子 さん