目に見えない脅威から健康を守るには?家庭での工夫と野菜用洗剤について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
fc03b1d61d4dfbaf8940bd2a4ab663dd_s

毎日必ずといっていいほど口にする野菜。

調理の前にたいていの野菜は流水で洗い流してから使用すると思いますが、残留農薬の除去についてはあまり意識されていないように感じます。

日本が高温多湿で作物にとっての害虫が多いこともあり全ての野菜類を農薬なしで育てることは非常に難しく、価格を安定させるためにもある程度の農薬使用は避けることが出来ません。

ですが、害虫とはいえ生物である虫の除去を目的として使われる農薬が人体に無害であるとはにわかに信じられません。

 

実際のところ、残留農薬は人にとってどれほど有害なものなのでしょうか。

ついている農薬を調理前にきれいにする方法にはどんなものがあるのでしょうか。

 

水洗い以外の野菜洗浄の方法も視野にいれ、野菜をきれいにする方法について考えてみたいと思います。

 

残留農薬の影響

 

残留農薬は、使用された農薬のうち自然分解されず消費者の手元に届いた時点で作物に残ってしまっている農薬の事をいいます。

使用された農薬のうち大部分は、時間と共に太陽光や土壌中の微生物により分解され消失するということが言われますが消費されるまでの間に分解しきれず残るものも少なからずあります。

また、農薬取締法により使用しても良い農薬や、残留農薬の基準により安全性が保障されていると言われますが、使用農薬や残留農薬の検査に関しては一部の作物のみに実施されるものであり、実際には人的ミスにより基準より多くの農薬を使用してしまったり、残留農薬が基準値以上残ってしまっている可能性は完全には否定し切れません。

農薬は体内に入ると急性の中毒症状を起こすなどして死にいたることもあり、取り扱いに注意が必要な薬物です。

実際に、農薬を取り扱う農家の方が農薬の中毒により亡くなる事故も報告されています。

残留農薬に関しては、もちろん致死量にはならないため摂取してもすぐに健康的な問題が表面化するものではありません。

ですが、長期に渡って摂取し続けることで体内に蓄積し続けやがて健康を害する可能性も持っているものです。

 

長期に渡って残留農薬を摂取し続けることで起こる健康的な問題には次のようなものが考えられます。

 

■アトピーなどアレルギー症状の悪化

■めまい

■のどの渇き

■皮膚症状

■目の充血

■吐き気、嘔吐

■精神疾患(倦怠感・うつ・焦燥・不安感など)

 

体内に取り入れられた残留農薬は体の代謝、解毒作用により大部分が排泄されるといわれていますが、排泄されきらなかった分は体内に蓄積していきます。

その量は、解毒能力や体格などにより個人差がありますが、体の小さい子ども妊婦さんは一般的な成人に比べその能力が弱いためより注意が必要です。

 

9632a4761d24df23cded29c3baea6c2a_s

家庭で出来る残留農薬除去の方法

 

目に見えない残留農薬の影響がいつか自分たちや子どもたちの健康を脅かすと思うと安心して野菜を購入することが出来なくなってしまいますよね。

完全無農薬の野菜を取り続けることは、経済的なことや入手自体が難しいこともあり現実的ではありません。

それでは、私たちは体に良くないと分かっていながら農薬の残っている野菜を摂取し続けるしかないのでしょうか。

 

実は、残留農薬は家庭でも工夫をすれば洗い流すことが出来、口に入る量を減らすことが可能です。

その方法についてご紹介したいと思います。

 

■流水で洗う

基本的なことではあるのですが、水道の流水を使って丁寧に野菜を洗うだけでも残留農薬の量を減らすことが可能です。

これは、多くの農薬が水に溶けやすい「水溶性」であることからも有効であることが分かります。

浸け置き洗いでは効果が少ないため、水道の流水で30秒以上の時間をかけ丁寧に洗い流すようにします。

 

■下ゆでをする

薬品には熱に弱い側面があり、加熱することで毒性がなくなるものも多くあります。

また、熱には除菌の効果もあるため、野菜類についている有害な菌類も同時に除去することも可能です。

 

■重曹やお酢を使う

水に少量の重曹やお酢を溶かし、そこに野菜類を1分程度浸け置きすることで、水で洗うよりも残留農薬を除去する効果があると言われます。

重曹もお酢も料理に使われることがあるため、口に入る野菜を洗うのにも安心して使うことが出来ます。

 

■50度洗い

50度程度のお湯に30秒程度浸け置き流水で流すことで、水に溶けやすく熱に弱い農薬を流水で洗うよりも効果的に落とすことが可能です。

茹でると完全に火が通ってしまいますが、50度洗いでは火が通ることなく生で食べたい食材にも使える方法です。

723de32ea2fc6f8f4eb87d65a90ecacf_s

野菜洗い用洗剤とは

 

家庭でも出来る残留農薬の除去方法は、どれもそれほど難しいものではありませんが普段行っている人も多いであろう流水洗いではなんとなく心もとない感じもあり、また茹でるとなると生で食べるサラダの時には使うことが出来ません。

重曹やお酢を使った方法も浸け置き時間のことなどもあり毎回となると面倒なイメージがあります。

 

そこで、もう1つの残留農薬の除去方法として野菜洗いのために洗剤を使うという選択肢があります。

野菜洗い用洗剤、というとまず思いつくのが専用に販売されている、天然成分で作られているものではないでしょうか。

実は、そうした専用の洗剤でなくてもいつも食器を洗っている洗剤も野菜や果物を洗浄する用途で記載があることをご存知でしたでしょうか。

 

食器用洗剤で野菜を洗ったことは無かったのですが、この話を知ってから自宅の食器用洗剤の裏面を確認してびっくり。

食器用洗剤は確かに野菜果物洗いとして使えるものが多いようです。(中には使用できないものもありますのでご注意ください。)

野菜果物を洗う洗剤には他にも各社から次のようなものが販売されています。

 

■ホタテ貝やホッキ貝、あるいはヤシの実といった天然素材に由来する洗剤

■哺乳瓶にも使えるほど安全性が高いとされる洗剤

■天然脂由来の洗剤

■次亜塩素酸ナトリウムが主成分の洗剤

■天然カルシウム素材に由来する洗剤

■天然ミネラルを主成分とした洗剤

■食品用重曹が配合された洗剤 など

 

野菜洗い用洗剤の選び方

 

食器用洗剤でも野菜や果物を洗うことが出来るという話をご紹介しましたが、洗っていいとは言われても実際に口に入るものをあのぶくぶくと泡立つ合成洗剤で洗うとなると少し抵抗があります。

体の中に取り入れる食物であるからこそ、それを洗うものも口に入れて問題のあるものは使わないことが望ましいといえます。

 

野菜洗い用洗剤を選ぶときのポイントを次にまとめてみました。

■残留農薬やその他の有害な物質を取り除く確かな効果が証明されていること

■科学的に合成された成分が使われていないこと

■野菜類の成分を守りながら洗浄できること

■用途が広いこと(洗える食品が多いこと)

■洗浄に時間がかからず面倒でないこと

■使用することにより野菜類が美味しくなること

 

一番大切なのは、その野菜洗い洗剤が実際に使用して野菜類に付着している有害物質を除去する効果が本当にあるのか?ということです。

残留農薬や菌類などの汚染は目に見えないものであることから除去されているかどうか客観的に知ることが難しいものです。

情報収集の上科学的に効果が証明されているものを選ぶことが大切な視点の1つです。

 

次に、毎日口にする野菜類を洗浄するためのものなので、先ずは体にとって安全であることは外せない条件ですよね。

残留農薬や有害な菌類などを洗浄するための洗剤自体が体に良くないものだとしたら本末転倒です。

 

また、使用法が簡単で時間がかからないことも大切です。

長期的な影響が心配される残留農薬を継続して取り除いていくには毎日、調理のたびに使用し続けることが重要なので面倒であったり時間がかかったりして継続できなければ意味がありません。

 

野菜洗いの洗剤は、たくさんの種類がありその成分や洗浄のメカニズムなどにそれぞれ特徴があります。

それらの特徴を良く確認したうえで、信頼性のあるもの、使いやすいもの、ご自身のライフスタイルに合ったものをチョイスすることが必要です。

 

0613f0effd2d6976033855f23e5b82ae_s

 

まとめ

 

野菜に残る残留農薬や菌などの汚れを体に取り入れ続けることはすぐに影響が無いのでたいしたことはないとつい考えがちです。

ですが、決して体に良いものではないということと、諦めなくても対策があるということを念頭に置き健康第一の選択を賢く選びましょう。

味には、「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」「うま味」の5つがあるといわれています。

「おいしさ」を感じながらも栄養バランスのとれた食事を摂り、健康な体を作りだすためには、子どものうちからこの5つの味覚を正しく記憶しておくことが大切です。

子ども達に安心のおいしさを知ってもらう為に私たち大人ができることはいったい何でしょうか。

味蕾細胞のピークは生後3か月!

味を感じる器官である「味蕾(みらい)」は妊娠7週目からでき始め、生後3か月でピークを迎えます。このときの味蕾細胞の数はなんと約1万個!

味蕾細胞は、刺激物や喫煙などで摩耗していくので、成人男性で約7000個、高齢男性では約3000個と年齢を重ねるほど減少していきます。

「カレーやキムチなど辛いものを食べたあとは赤ちゃんがおっぱいを嫌がる」という話を母乳育児をされているお母さんから聞いたり、実際に経験されたりしたことはありませんか?

いかに赤ちゃんの味覚が敏感かよくわかりますよね。

赤ちゃんは、味蕾細胞が多く、味覚がするどいのでちょっとした味の変化にも気がつくといわれています。

②

味覚を育むために大切なこと

赤ちゃんは、生後3か月に味蕾細胞のピークを迎えたあと、生後5か月のころから細胞の数はそのままで、次に味覚の発達がはじまるといわれています。

ちょうど離乳食をはじめるころですよね。味覚の発達という点でもこの時期以降に離乳食をはじめることは理にかなっているのです。

味覚の形成には、

  • いろいろな素材、味を経験すること
  • くりかえし食べることで嗜好を定着させること
  • 食事は楽しい!と感じる環境を整えてあげること

が大切なポイントです。

味覚には5種類あることをお伝えしましたが、その味にはそれぞれの役割が備わっています。

〇甘味⇒からだのエネルギーとなる糖の存在を知らせる

〇塩味⇒からだのバランスに必要なミネラルの存在を知らせる

〇酸味⇒腐敗している、果物などが未熟であることを知らせる

〇苦味⇒毒の存在を知らせる

〇うま味⇒からだをつくるのに必要なたんぱく質(必須アミノ酸)の存在を知らせる

赤ちゃんは、おっぱいやミルクを飲んでいる時期には、エネルギー源として必要な「甘味」や「うま味」を本能的に欲します。

子どもの味覚を育むということは、甘い、うまい、などのわかりやすい味覚から、いろいろな味を受け入れて楽しむ大人の嗜好になっていくように促していくことです。

③

逆に5つの味覚のうち、子どもには「苦味」「酸味」など本能的に苦手とする味があります。

ほうれん草やピーマンなど、噛むとえぐみや苦味が出る野菜はこれらにあたるので、いやがるのは当たり前なのです。

大人がピーマンなどの苦味のある食材をおいしく食べられるのは自然とそうなったわけではなく、くりかえし味覚を学習、経験したことから得たものなのです。

味覚はくりかえし食べることで定着していくものですから、食べないからといってすぐに嫌いと決めつけて子どもが好きなわかりやすい味のものを与え続けるだけではなく、成長にそって切り方や調理法、味付けなど工夫しながら少しずついろいろな味を経験させてあげましょう。

 

安心のおいしさ

人が感じる「おいしさ」はいくつかに分類されるのですが、その特徴的なものとして「安心のおいしさ」と「病みつきのおいしさ」があるといわれています。

「安心のおいしさ」とは、幼いころからその人の味覚にすりこまれた味に対して抱く安心感で、その味をおいしいと感じることです。

「なつかしい味」や「おふくろの味」などとよく表現されるおいしさですね。

一方、その反対にあるのが「病みつきのおいしさ」と言われるものです。

食べると快楽を感じ、依存性中毒性があるといわれている砂糖や油脂を含む食べもの、いわゆるチョコレートやスナック菓子、ファストフードなどで、わたしたちのからだにはあまりよくないおいしさです。

「病みつきのおいしさ」はできるだけ少なくして、「安心のおいしさ」をたくさん教えてあげたいですよね。

子どものためにできることは、まず素材のおいしさを知ってもらうことです。

旬の食材を使って、天然のだしを利かせれば、それだけで充分おいしくなります。

幼い頃から濃い味に慣れてしまうと、素材の味がわからなくなるだけでなく、薄味のものを受け入れることが難しくなってしまいます。

 

日本の成人の平均塩分摂取量は、WHO(世界保健機関)などの世界標準に比べて、男女ともに2倍近く多く摂りすぎであることがわかっています。子どものときから薄味に慣れておかないと生活習慣病のリスクも高まります。

乳幼児期から“だし”を使って素材の味を生かしておいしくする工夫が子どもたちの味覚を広げてくれるのです。

④

おいしい!のスタンダードを育みたい

たとえば、ほうれん草を調理する前に、野菜洗いの水「ベジセーフ」をシュシュっとかけてみてください。

残留農薬展着剤を除去するだけでなく、特有のえぐみ、アクも取り除いてくれるので、さっと茹でておひたしにしても、フライパンで少しの油と水と塩で蒸しやきにしても、これまで感じていたえぐみやザラザラ感がなくなって、ほうれん草がもつ本来の甘味を感じられます。

ほうれん草は、甘くておいしい!という経験をくりかえすことで、子どもたちに「安心のおいしさ」の記憶が刻まれていくのです。

⑤

専門家からも太鼓判

野菜洗いのお水、ベジセーフはさまざまな分野の専門家からも認められています。

「健康な生活のためには、生産時に使用された化学物質を食事の前に取り除くことが必要です。そして、その化学物質を取り除くために化学物質を使用するべきではありません。ベジセーフは有害化学物質を使用せず、安全にかつ確実に食品表面に残留する農薬などの化学物質を取り除いてくれます。」医療法人社団 医献会 辻クリニック理事長 辻直樹先生より

またベジセーフは、医学博士で日本食普及の親善大使・NPO日本食育インストラクター協会理事長である服部幸應先生が理事長・校長を務められている、厚生労働大臣指定・専修学校許可「学校法人服部学園 服部栄養専門学校」から「食の安心安全・美味しい認定マーク」もいただいています。

「食の安心安全・美味しい認定マーク」は、学校法人服部学園 服部栄養専門学校が、その数値だけでなく商品の魅力も評価する審査で、

〇「安心安全」使用している食材や調味料、添加物が安全な基準を満たしているか

〇「美味しさ」味、香り、見た目など食欲増進につながる要素を満たしているか

〇「栄養バランス」ターゲットの年齢や目的に応じた栄養効果が盛り込まれているか

を客観的に評価し、これら3つの要素を満たした商品にだけ認定されるマークとなっています。

子どもたちの安心のおいしさ、おいしいのスタンダードをベジセーフと一緒に育んでいきませんか。

もっと詳しく! 食品洗い専用のお水『ベジセーフ』

「ベジセーフ」は、野菜などの食品を洗うために開発された洗い水です。

「純水」と食品製造にも使用される「炭酸カリウム(かんすい)」を”イオン交換膜”にて従来の生成方法よりも長時間丁寧に電気分解し「お水」と「カリウム」に。手肌へのやさしさも残しながら洗浄力を高めることに成功しました。

さらに、人体に有害とされる合成界面活性剤を含まず、油分と水分を混ぜ合わせる効果 (界面活性効果)をもつため、スプレーを吹きかけるだけで、野菜に付着した残留農薬やホコリ展着剤などの汚れを素早くベジセーフが取り込み、物体の表面から分離させることが可能です。

ベジセーフの使い方「まとめ洗い」「スプレー洗い」

『スプレー洗い』と、希釈して使う『まとめ洗い』ができるため、1個洗いから大量洗いまで対応できます。食品の汚れ落としだけでなく、「アク抜き」や「鮮度保持」としても効果を発揮し、毎日のお料理をサポートいたします。

関連記事を見る!

★ベジセーフ『洗い方動画』を限定公開中!
⇒「じゃがいも編」「ナス編」「イチゴ編」「お刺身編」など、野菜や果物がもっと美味しくなる洗い方のコツを徹底解説♪

★今すぐ使える『1,000円クーポン』プレゼント中!
ベジセーフに使える1000円クーポンをプレゼント!
⇒先着100名様限定プレゼント! ※先着100名様に達し次第、終了となります


⇒『ベジセーフ』-公式サイトはこちら




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【野菜】の最新記事