食育から考える自然食のあり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
b128e77b58b0a91280342b9849b896af_s

日本は四季おりおりの農作物に加え、海に囲まれ海産物も豊富で、じつにさまざまな種類の食物に恵まれています。
そのため世界でも有数の長寿国であり、幼少期からの味覚も敏感な子供に育ちます。

幼少期の味覚は大切とよく言われますが、食育を通して感性豊かな子どもに育てるためにはどんなことに気をつければよいでしょうか?

一般的には、ヒトの味覚は3歳までに形成されるといわれています。

そのため、3歳までによく食べたものが、大人になってもその子の「美味しい」と感じる食べ物になります。

なので、それまでに、できるだけ調味料を使わずに素材そのままの味をたくさん味わわせてあげたほうがよいということです。

離乳食講座などでも、最初は野菜をお水からゆっくりと煮たコンソメなどを作ることをお勧めされますが、

この時期に大人と同じ感覚で調味料が入りすぎたものを食べさせてしまうと、赤ちゃんの味蕾(みらい=舌にある味を感じる器官)はその刺激を強く受けてしまいます。

味覚に鈍感になると、摂食障害や味覚障害を引き起こしてしまいますので気をつけねばなりません。

最初は、素材本来の味から。全ては、薄味から。砂糖は、未精製のものから。

ハチミツは、ボツリヌス菌感染の恐れがあるため、1歳を過ぎてから。

などなど、離乳食に関するルールはたくさんあります。

とはいえ、はじめての赤ちゃんを持つおかあさんにとってはとても負担になるものです。特に夜中の授乳や離乳食は過度に神経質になりすぎてしまうとストレスも大きなものになりますよね!

なぜなら、悲しいかな赤ちゃんは気まぐれでせっかく野菜をコトコト煮込んだり、昆布やカツオやイリコカからダシをとったりしても食べてくれないことのほうが多いからなのです・・・

ですから、敏感になりすぎることなく、うまく息抜きや手抜きをして、のびのびと育ててあげたいですね。

まずは、おかあさんの心の平和を保つということを前提として、以下のことに気をつけましょう。

旬の野菜を選ぶ

どの野菜にも、「旬」と「陰陽」というものがあります。

「旬」は言わずもがな、その野菜の一番パワーのある、食べるべき時期です。その野菜を取り込んだ時の体への滋養が最大に発揮できる時期だと言っても過言ではないでしょう。一番たくさん収穫できる時期ですので、価格が手頃であることも特徴です。

「陰陽」とは、いわば食物の持つ特性であり、エレメントになります。産地により、身体をあたためる、身体をひやす、活力を上げる、活力を下げるなどの特性があります。

最近では、がんなどの増加からおもに体を冷やさないという目的で、野菜の持つ「陰陽」にも興味を持つかたが増えてきました。目的は体質改善です。

冷凍食品のお野菜も、農薬がやや心配ではありますが、国産のもの・未調味のものを選べば旬のものを収穫後即冷凍してあり、なおかつ加熱調理してあるという意味では、生の野菜よりも便利です。手間のかからない、強力な助っ人となってくれることでしょう。

fb1818970dae6858a1eb4fa6605acc8b_s

農薬を使わない野菜を選ぶ

私たち消費者にとって、食費を安価に抑えることはとても大切なように思います。しかし、健康面や、長い目で見ると「農薬」を使いすぎた安い野菜で健康を害したとすれば、ひどく割に合わないとも言えるでしょう。成長・収穫過程になるべく自然なやり方を起用した、「農薬」を使わない野菜を口に入れることが理想的ではあります。

ひとくちに「農薬」と言っても、用途に合わせて殺虫剤・殺菌剤・除草剤・植物成長調整剤・忌避剤・展着剤と、じつにさまざまな種類の薬があるのです。そんな農薬世界第三位の使用量を誇る日本。若年世代と老年世代との「農薬」にたいする感覚は、ずいぶんと開きがあります。
しかし、ここ数十年での自然栽培や無農薬農法へシフトする農家の方が多いことや、昔にくらべて有機野菜が手頃な価格で手に入るようになったことはとても喜ばしいことです。

また、「農薬」の使用された野菜を食べる時であっても、極力「農薬」を落として摂りたいですね。

そこで筆者がオススメするのが、手軽に「農薬」を除去できる「野菜あらいのベジセーフ」です。

ベジセーフは、普段よく口にする15種類の野菜や果物について、「それらを洗った後」のベジセーフの液中に含まれる成分を検査した結果、8種類の「農薬」を落とすことできているとわかりました。

発酵食品が見直されている中、ぬか漬けにするキュウリにも、シュシュっとひと吹きで洗い流し。

手軽に減農薬の野菜のぬか漬けを作ることができます。

日本の豊かな農作物の「本物」の美味しさを守りたい

日本の食文化のために、ベジセーフは3つの約束を掲げてます。

1. 身体にやさしい成分だけをつかいます
2. 野菜の美味しさを守ります
3. 「野菜洗い」の文化をつくります
ベジセーフは食品洗いのほか、アク抜きなどの下ごしらえにもお使いいただけます。

f7608a970fc74f1aca825ab61302f762_s

もっと詳しく! 食品洗い専用のお水『ベジセーフ』

「ベジセーフ」は、野菜などの食品を洗うために開発された洗い水です。

「純水」と食品製造にも使用される「炭酸カリウム(かんすい)」を”イオン交換膜”にて従来の生成方法よりも長時間丁寧に電気分解し「お水」と「カリウム」に。手肌へのやさしさも残しながら洗浄力を高めることに成功しました。

さらに、人体に有害とされる合成界面活性剤を含まず、油分と水分を混ぜ合わせる効果 (界面活性効果)をもつため、スプレーを吹きかけるだけで、野菜に付着した残留農薬やホコリ展着剤などの汚れを素早くベジセーフが取り込み、物体の表面から分離させることが可能です。

グラフ_05

『スプレー洗い』と、希釈して使う『まとめ洗い』ができるため、1個洗いから大量洗いまで対応できます。食品の汚れ落としだけでなく、「アク抜き」や「鮮度保持」としても効果を発揮し、毎日のお料理をサポートいたします。

★さらに詳しく!
⇒野菜洗い専用のお水『ベジセーフ』-公式オンラインストア

★ご好評につき期間延長!
今すぐ使える「ベジセーフ 1000円クーポン」をプレゼント中:3月29日(金) 18時まで

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【野菜】の最新記事