食の安全の大切さについて考えよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
g_03_01

食の安全とは?

食の安全というのは、専門家によって科学的・客観的に分析され、健康影響などのリスクが除かれたり、社会的な許容範囲に抑えられたりした状態をいいます。

食の安全について常日頃から考えているという方は多くいらっしゃると思います。家族が健やかに過ごすためにも、食の安全はおろそかにできない部分です。まずは、食の安全がどのような状態を指しているのかを知るところからはじめましょう。

食の安全が脅かされている!~放射能など多くの「食」問題~

食の安全を掲げていたとしても、実際に目で見て判断できなければ「信用できない!」そう感じてしまうほど、安全性を脅かす問題は意外と身近なところで発生しています。

▼ 放射能

記憶に新しい原発事故によって、食品の放射能汚染を心配される方は少なくありません。放射能は300年消えないといわれています。

▼ 牛海綿状脳症(BSE)

牛がかかる病気の1つで、脳にスポンジ状の空洞ができてしまう病気です。本来、人間には伝染しないとされていましたが、ヤコブ病という人間が発症する病気と関連している疑いが持たれています。

▼ 鳥インフルエンザ

人間が発症するインフルエンザの起源は、鳥インフルエンザだといわれています。鳥インフルエンザを持った鶏肉を食べても感染することはありませんが、ウイルスが突然変異する可能性はゼロではないのです。

この他にも、ノロウイルスや食品偽造表示・残留農薬などの問題があげられます。様々な問題がある中で、残留農薬の問題は、自分で解決することができます。

農薬除去製品「ベジセーフ」で食卓に安心を!~幼児・子供・妊婦にもやさしい~

「ベジセーフ」は、マイナスイオンをたっぷり含んだスーパーアルカリイオン水です。農薬除去、添加物除去に用いることができます。また、腸炎ビブリオ菌やO-157、サルモネラ菌、大腸菌といったウイルス対策にもお使い頂けますので、お子様がお使いになるおもちゃの洗浄にも最適です。界面活性剤や環境汚染物質を含まない「ベジセーフ」は、乳幼児の哺乳瓶から子供のお弁当箱、妊婦さんの食の安全を守るものとして、安心してお使い頂ける製品です。

もっと詳しく! 食品洗い専用のお水『ベジセーフ』

「ベジセーフ」は、野菜などの食品を洗うために開発された洗い水です。

「純水」と食品製造にも使用される「炭酸カリウム(かんすい)」を”イオン交換膜”にて従来の生成方法よりも長時間丁寧に電気分解し「お水」と「カリウム」に。手肌へのやさしさも残しながら洗浄力を高めることに成功しました。

さらに、人体に有害とされる合成界面活性剤を含まず、油分と水分を混ぜ合わせる効果 (界面活性効果)をもつため、スプレーを吹きかけるだけで、野菜に付着した残留農薬やホコリ展着剤などの汚れを素早くベジセーフが取り込み、物体の表面から分離させることが可能です。

グラフ_05

『スプレー洗い』と、希釈して使う『まとめ洗い』ができるため、1個洗いから大量洗いまで対応できます。食品の汚れ落としだけでなく、「アク抜き」や「鮮度保持」としても効果を発揮し、毎日のお料理をサポートいたします。

★さらに詳しく!
⇒野菜洗い専用のお水『ベジセーフ』-公式オンラインストア

★ご好評につき期間延長!
今すぐ使える「ベジセーフ 1000円クーポン」をプレゼント中:3月29日(金) 18時まで

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【食の安全】の最新記事