覚えておきたい!「食中毒予防の3原則」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
g_04_01

野菜果物洗い方が不十分ですと、稀に腹痛や下痢、嘔吐、発熱などの症状を引き起こしてしまいます。仕事・学業に影響を及ぼしてしまうこともありますので、しっかりと食中毒予防に努めることが大切です。

安全のためには食中毒菌を「増やさない!」

わずかに食中毒菌が体内に入ってしまっても、ほとんどの場合は問題ありません。問題は食中毒菌の増殖を放置することですので、増やさないよう心がけることが食中毒予防に繋がるといえます。

怖い食中毒菌は意外にも、温度・湿度・栄養といった3つの条件が揃わなければ増殖しません。どれか1つでも欠けていれば、増殖を阻止することができるのです。一般的には10℃以下になると活動が鈍くなるといわれていますので、購入した生鮮食品はすぐに仕分け、冷蔵庫で保管するようにしましょう。また、スピーディーに調理することも増殖を抑えるポイントです。

洗い方に注目して食中毒菌を「つけない!」

洗い方に注目して食中毒菌を「つけない!」

生鮮食品が陳列されるまでの工程、購入するまでに時間が経過していることを考えると、購入した時点ですでに付着しているかもしれません。熱を加えれば殺菌でき、安心して口にすることができますが、加熱しない食材に食中毒菌をつけないよう気をつけなければなりません。

例えば、肉類の調理の途中で野菜を切る場合は、まな板や包丁の洗い方に着目することが大切です。他にも害虫・害獣の侵入を防ぐなど、調理・保管スペースを清潔に保って、食中毒菌を寄せつけないよう心がけましょう。

殺菌を心がけて食中毒菌を「やっつける!」

冷蔵・冷凍室では食中毒菌の活動が鈍くなりますが、死滅しているわけではありません。それどころか、冷蔵していても少しずつ増殖してしまう菌もいるのです。

食中毒菌のほとんどは熱に弱いという性質を持っていますので、調理の際、十分に加熱することで食中毒を防げます。食材の中心温度が75℃で、1分以上加熱するのが目安です。加熱の他に、調理器具の正しい洗い方、次亜塩素酸ナトリウムやアルコールを用いて調理器具を殺菌する方法もあります。

食に関心の高い方におすすめの『ベジセーフ』

日々の健康管理や栄養管理のためにも、食材の安全が気になっている方は多いのではないでしょうか。実は野菜や果物には家庭の水道水だけでは落としきれない残留農薬や添加物がついています。日々の野菜洗いに一手間加えるだけでこういった農薬や汚れをきれいに落としてくれるのが、野菜洗い専用水の「ベジセーフ」です。

もっと詳しく! 食品洗い専用のお水『ベジセーフ』

「ベジセーフ」は、野菜などの食品を洗うために開発された洗い水です。

「純水」と食品製造にも使用される「炭酸カリウム(かんすい)」を”イオン交換膜”にて従来の生成方法よりも長時間丁寧に電気分解し「お水」と「カリウム」に。手肌へのやさしさも残しながら洗浄力を高めることに成功しました。

さらに、人体に有害とされる合成界面活性剤を含まず、油分と水分を混ぜ合わせる効果 (界面活性効果)をもつため、スプレーを吹きかけるだけで、野菜に付着した残留農薬やホコリ展着剤などの汚れを素早くベジセーフが取り込み、物体の表面から分離させることが可能です。

ベジセーフの使い方「まとめ洗い」「スプレー洗い」

『スプレー洗い』と、希釈して使う『まとめ洗い』ができるため、1個洗いから大量洗いまで対応できます。食品の汚れ落としだけでなく、「アク抜き」や「鮮度保持」としても効果を発揮し、毎日のお料理をサポートいたします。

関連記事を見る!

★ベジセーフ『洗い方動画』を限定公開中!
⇒「じゃがいも編」「ナス編」「イチゴ編」「お刺身編」など、野菜や果物がもっと美味しくなる洗い方のコツを徹底解説♪

★今すぐ使える『1,000円クーポン』プレゼント中!
ベジセーフに使える1000円クーポンをプレゼント!
⇒先着100名様限定プレゼント! ※先着100名様に達し次第、終了となります


⇒『ベジセーフ』-公式サイトはこちら




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【食中毒】の最新記事