食の安全を守るポイントは食材別の取り扱い方にある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
g_08_01

食の安全を守る「卵」の取り扱い方で幼児・妊婦の健康管理に役立てよう

食の安全面を考えると、すき焼き・卵かけごはんなどの生食で使用する際は、消費期限内で食べましょう。

ヒビが入ってしまった卵は、割れ目から空気や細菌が入り込みやすくなっているため、すぐに調理しない場合は食べるのを避けてください。特に夏場は注意が必要で、免疫力が低くデリケートな幼児期のお子様や妊婦さん、高齢の方は食中毒が重症化する可能性が高くなります。

食の安全を守る「肉類」の取り扱い方…子供が大好きなハンバーグには要注意?

食の安全を守る「肉類」の取り扱い方…子供が大好きなハンバーグには要注意?

育ち盛りの子供にとって欠かせない肉類の中でも、特に「ひき肉」は傷みやすいため、保存する際は小分けにして冷凍室の下段で保存するのがおすすめです。

作り置きしたハンバーグのたねを解凍する際は自然解凍を避け、電子レンジでサッと解凍すると細菌の繁殖防止になります。

食の安全を守る「魚介類」の取り扱い方は“その日のうちに”がポイント!

食の安全を考えると足が早い魚介類は、買ったその日に食べるのが食中毒予防として1番効果的です。魚を保存する場合は内臓やえらを取り除いて水でよく洗い、水気をしっかりと切って空気に触れないよう、ラップや容器で密閉するのがポイントです。

食の安全を守る「野菜・果物類」の取り扱い方で注目の農薬除去水~放射能・残留農薬から守る~

食の安全を守る上で意外と認識されていないのが、カット野菜・果物類による食中毒ではないでしょうか。カット前なら表面の残留農薬が気になりますが、内部への汚染はほぼありません。しかし、カット後は切断面から出る水分によって細菌が増殖するため、冷蔵保存していても早めに食べることが必要です。

また、東京都での放射能による水の影響など、様々な話題が上がっていることから、野菜・果物類の洗い方に不安を感じている方は多くいらっしゃいます。表面につく見えない汚れが気になる方は、「ベジセーフ」がおすすめです。アルカリイオン水の性質を活かして、野菜や果物に付着している汚れや農薬を電解し除菌します。食中毒予防や毎日の健康管理にぜひお試しください。

もっと詳しく! 食品洗い専用のお水『ベジセーフ』

「ベジセーフ」は、野菜などの食品を洗うために開発された洗い水です。

「純水」と食品製造にも使用される「炭酸カリウム(かんすい)」を”イオン交換膜”にて従来の生成方法よりも長時間丁寧に電気分解し「お水」と「カリウム」に。手肌へのやさしさも残しながら洗浄力を高めることに成功しました。

さらに、人体に有害とされる合成界面活性剤を含まず、油分と水分を混ぜ合わせる効果 (界面活性効果)をもつため、スプレーを吹きかけるだけで、野菜に付着した残留農薬やホコリ展着剤などの汚れを素早くベジセーフが取り込み、物体の表面から分離させることが可能です。

ベジセーフの使い方「まとめ洗い」「スプレー洗い」

『スプレー洗い』と、希釈して使う『まとめ洗い』ができるため、1個洗いから大量洗いまで対応できます。食品の汚れ落としだけでなく、「アク抜き」や「鮮度保持」としても効果を発揮し、毎日のお料理をサポートいたします。

関連記事を見る!

★ベジセーフ『洗い方動画』を限定公開中!
⇒「じゃがいも編」「ナス編」「イチゴ編」「お刺身編」など、野菜や果物がもっと美味しくなる洗い方のコツを徹底解説♪

★今すぐ使える『1,000円クーポン』プレゼント中!
ベジセーフに使える1000円クーポンをプレゼント!
⇒先着100名様限定プレゼント! ※先着100名様に達し次第、終了となります


⇒『ベジセーフ』-公式サイトはこちら




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【食の安全】の最新記事