食中毒予防に役立つ!野菜・果物に潜みやすい「菌」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
g_09_01

卒乳・断乳時期の食中毒予防はしっかりと!

2~3歳頃になると授乳や離乳食を卒業し、少しずつ大人と同じ食生活になっていくため、この時期の食中毒には特に注意が必要です。授乳や離乳食がなくなる分、フルーツや生野菜などを食べる機会も増えますので、果物・野菜はしっかりと洗浄し、食中毒予防を習慣化してしまいましょう。

食中毒の原因となる細菌は、食材によって潜んでいる種類が異なります。野菜果物は生で食べる機会が多いため、食の安全の意識を高めるためにも野菜・果物類に潜みやすい菌を頭に入れておくことをおすすめします。

ボツリヌス菌

ボツリヌス菌は土壌などに多く潜み、土の中で育つ野菜や果物に付着している可能性の高い細菌です。そのため、土つきの野菜や果物を調理する時は、洗い方に注意し入念に土を洗い流しましょう。また、ボツリヌス菌は酸素の無い環境でも繁殖するため、果物の缶詰などにも注意が必要です。

ウェルシュ菌

土壌や水中に潜んでいて、100℃の熱を1時間以上与えても死滅しない熱にとても強い細菌です。ウェルシュ菌は元々私たちの身体にいる常在菌ですが、腸内で一度毒素が作られると、激しい腹痛や下痢などの食中毒症状を起こします。カレーやシチュー、野菜の煮物などから検出される率が高いウェルシュ菌は酸素を嫌うため、多く作った場合は小分けにして冷蔵保存しましょう。

セレウス菌

ボツリヌス菌、ウェルシュ菌同様、土壌生息していることが多く主に農場などの自然環境に潜んでいる細菌です。熱に強く、家庭用の消毒薬でも死滅しない強い耐性を持っています。セレウス菌による食中毒には嘔吐型と下痢型があり、野菜や果物からの感染の場合は下痢型が多いのが特徴です。

腸炎ビブリオ

主に海水に生息している細菌で、魚介類に多く潜んでいます。一見、野菜や果物との関連性が無いように感じますが、腸炎ビブリオはまな板や包丁など、調理器具からの二次感染がとても多い細菌です。カルパッチョや海鮮サラダといった、魚と一緒に調理されることの多い野菜類は、二次感染の可能性がとても高いのです。

自分や家族の健康管理に『ベジセーフ』

日々の健康管理や栄養管理のためにも、食材の安全が気になっているお母さんは多いのではないでしょうか。実は野菜や果物には家庭の水道水だけでは落としきれない残留農薬や添加物がついています。

こういった農薬や汚れをきれいに落としてくれるのが、野菜洗い専用水の「ベジセーフ」です。
「ベジセーフ」を使って安全で美味しい野菜や果物を食べましょう!

もっと詳しく! 食品洗い専用のお水『ベジセーフ』

「ベジセーフ」は、野菜などの食品を洗うために開発された洗い水です。

「純水」と食品製造にも使用される「炭酸カリウム(かんすい)」を”イオン交換膜”にて従来の生成方法よりも長時間丁寧に電気分解し「お水」と「カリウム」に。手肌へのやさしさも残しながら洗浄力を高めることに成功しました。

さらに、人体に有害とされる合成界面活性剤を含まず、油分と水分を混ぜ合わせる効果 (界面活性効果)をもつため、スプレーを吹きかけるだけで、野菜に付着した残留農薬やホコリ展着剤などの汚れを素早くベジセーフが取り込み、物体の表面から分離させることが可能です。

ベジセーフの使い方「まとめ洗い」「スプレー洗い」

『スプレー洗い』と、希釈して使う『まとめ洗い』ができるため、1個洗いから大量洗いまで対応できます。食品の汚れ落としだけでなく、「アク抜き」や「鮮度保持」としても効果を発揮し、毎日のお料理をサポートいたします。

関連記事を見る!

★ベジセーフ『洗い方動画』を限定公開中!
⇒「じゃがいも編」「ナス編」「イチゴ編」「お刺身編」など、野菜や果物がもっと美味しくなる洗い方のコツを徹底解説♪

★今すぐ使える『1,000円クーポン』プレゼント中!
ベジセーフに使える1000円クーポンをプレゼント!
⇒先着100名様限定プレゼント! ※先着100名様に達し次第、終了となります


⇒『ベジセーフ』-公式サイトはこちら




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【食中毒】の最新記事