現在の中国産野菜の危険性は?ちゃんと洗ってから食べていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
1542a7db4424fcd19701963d252b69c5_s

2001年に基準値を超える農薬が使用された中国産野菜が発見されて以降、スーパーで買い物をする際に、中国産の野菜を避けている方も多いのではないでしょうか。
中国産野菜の問題・現状・対策を見ていきましょう。

中国産野菜はそんなに問題なの?

2001年に中国から輸入されたほうれん草や枝豆から、基準値をはるかに超える残留農薬や見つかりました。それから「中国産は危ない」と言う考えが世間で広まり、輸入禁止という事態にまで発展、外食産業などにも大きな影響が出ました。

この時に問題になった残留農薬の成分の一つに、有機リン系のメタミドホスというものがあります。これはアブラムシなどの害虫の駆除に使用されるのですが、脳のニューロンの活動を維持している「アセチルコリン」という伝達物質の分解を阻害し、神経麻痺を引き起こすといわれている危険な農薬です。摂取量によっては下痢や嘔吐を起こす場合もあります。

このような危険な農薬は使用を制限・禁止にしているのにも関わらず、その後の中国の調査で、中国で栽培した野菜の約47%から基準値をはるかに超えた残留農薬が見つかったのです。

中国の農家の人は、自分たちで食べる用と出荷用に分けて栽培をしているという話もありました。残留農薬がどれだけ危険なものか分かっているのに、商売のために沢山の農薬を使っていたのです。

中国本土では、この残留農薬まみれの汚染野菜は「問題菜(香港では毒菜)」と呼ばれています。この汚染野菜や果物が原因で、急性中毒症状を起こしたり、中には死亡するケースが中国内で起きて問題になっています。

あれから約15年、今はどうなっている?

実際のところ、そこまで改善していないのが現状です。
中国内でも、農家に対して農薬の安全な使用方法を呼びかけているのですが、「綺麗な野菜の方が売れるし利益になるのに、なぜわざわざ虫食いが増えたりするようにしないといけないの?」というような考えの農家が多く、今も意識改革がされないために、農薬を減らそう、安全な農薬を使おう、という取り組みが無視されているのです。

もちろん中国政府は悪徳な農家を発見したら取り締まっているのですが、色々な規約をすり抜けるような、悪質な農家もいますし、取り締まっても取り締まっても改善に至らないのです。

日本に輸入する際には厳しい規定があり、安全性が確保されたものが輸入されているとは言われていますが、国産と中国産の野菜を見比べた際に、葉物野菜など全く虫食いがなかったりすると、やっぱり農薬が関係しているのかな…など考えてしまいますよね。

また、最近では韓国産の野菜も見かけるようになりましたが、これは、中国で収穫し、韓国で加工や出荷をすると「韓国産」となるため、中国産以外の野菜も気をつけて選んだ方がいいかもしれません。

中国産を完全に防ぐことは難しい

中国産の野菜は、農薬を完全には取り除けない

安いチェーン店などでは中国産の野菜を使用していることが多いですし、調理する際にどれだけその野菜を洗って残留農薬を落とすという取り組みをしているのかは、分かりませんよね。

毎日の食卓の買い物をする際、どうしても全て国産で揃えられない場合もありますし、その国産の野菜にも残留農薬はあります。ですから、どんな野菜を買うにしろ、やはり調理前に「洗う」ということがとても重要になってきます。

しかし、ただ水で洗っただけでは、残留農薬や汚れは落ちないのです。なぜなら、農薬と一緒に、雨などで流れ落ちないように「展着剤」というのりのような役目を果たす成分が使用されているため、ただ水で洗うだけでは綺麗に落とすことはできないのです。

野菜を洗う商品は色々販売されているので、それを取り入れて野菜を洗うことをおすすめします。

安全で野菜も美味しくなる「ベジセーフ」

ベジセーフは「スーパーアルカリ水」というものでできていて、無味無臭、時間が経つと水に戻るという安全性の高い野菜洗い専用水です。

ベジセーフにはマイナスイオンがたくさん含まれていて、野菜に吹きかけると、プラスイオン(人体に悪影響と言われている)を含んだ汚れや有害物質などとマイナスイオンが混ざり合い、つるんと落としてくれます。雑菌を除去してくれる効果もあるので、食中毒対策もバッチリです。

汚れがしっかり落ちることによって野菜本来の味が感じられますし、葉物野菜も汚れが落ちることで水分を含みやすくなり、シャキシャキになります。
ベジセーフを取り入れて、残留農薬などの不安を取り除き、野菜の美味しさも手に入れましょう。

もっと詳しく! 食材洗い専用のお水『ベジセーフ』

「ベジセーフ」は、野菜などの食材を洗うために開発された洗い水です。

「純水」と食品製造にも使用される「炭酸カリウム(かんすい)」を”イオン交換膜”にて従来の生成方法よりも長時間丁寧に電気分解し「純水」と「カリウム」に。手肌へのやさしさも残しながら洗浄力を高めることに成功しました。

さらに、人体に有害とされる合成界面活性剤を一切含まず、油分と水分を混ぜ合わせる効果 (界面活性効果)をもつため、スプレーを吹きかけるだけで、野菜に付着した残留農薬やホコリ展着剤などの汚れを素早くベジセーフが取り込み、物体の表面から分離させることができます。

ベジセーフの使い方「まとめ洗い」「スプレー洗い」

『スプレー洗い』と、希釈して使う『まとめ洗い』ができるため、1個洗いから大量洗いまで対応できます。食品の汚れ落としだけでなく、「アク抜き」や「鮮度保持」としても効果を発揮し、毎日のお料理をサポートいたします。

関連記事

野菜はここまで美味しくなる!
『正しい野菜の洗い方』を動画で公開中!

「じゃがいも編」「ナス編」「イチゴ編」「お刺身編」など、野菜や果物がもっと美味しくなる洗い方のコツを徹底解説します。

ベジセーフ〜農薬除去試験の結果

「本当に農薬は落ちてるの??」
そんな疑問にお答えするために、3人家族 約3日分の野菜・果物を半分ずつ分け、片方は「水道水で洗った洗い水」、もう一方は「ベジセーフで洗った洗い水」で比較試験を行いました。

ベジセーフ〜安全試験の結果

ベジセーフの安全性を第三者機関「一般財団法人・日本食品分析センター」で試験しました。
①成分試験 ②皮膚安全試験 ③栄養分の流出試験

食の専門家も《ベジセーフ》を推奨!
服部栄養専門学校〜服部幸應先生

「料理は素材の味をいかに生かすかがとても大事です。その為にも水では洗い落とせない汚れなどが野菜や果物に付着しているのでベジセーフでやさしくスッキリ落とすことで料理の味が各段に変わっ・・・ >>続きを見る

今すぐ使える『¥1000OFFクーポン』進呈中!
さらに今なら、安心の20日間返金保証!

先着100名様限定でベジセーフの¥1000OFFクーポンをプレゼントいたします。(※先着100名様に達し次第、終了となります。予めご了承ください)

ベジセーフの3つの約束

もっと、ずっと毎日の安心を「あたりまえ」に

⇒『ベジセーフ』-公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【野菜】の最新記事