『農薬は水では落ちないことを知っている』が9割超!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
0000

野菜の農薬を洗い流すために開発された野菜洗いの専用水「ベジセーフ」をご利用いただいている男女268名様を対象に「食に関するアンケート調査」を実施しました。

農薬を避けたい人が約9割!野菜・果物を洗うのは「農薬を落とすため」

「野菜・果物を食べる前に洗う理由はなんですか?」と質問したところ、87%野方が「農薬を落とすため」と回答し、「土汚れを落とすため(12%)」に対し7倍以上も多い結果となりました。

グラフ_01

続いて、「子供には農薬が一切使用されていない野菜や果物を食べさせたいと思いますか?」という質問をしたところ、91%の方が「はい」と回答。多くの人が野菜や果物を食べる際、農薬を口にすることを避けたいと感じていることが分かりました。同時に、一見綺麗に見える野菜や果物にも農薬が付着していることを認知している方が多いこともわかりました。

グラフ_02

野菜洗いに洗剤を使うのは抵抗あり

「農薬が水洗いでは落ちないことをご存知ですか?」と質問したところ、93%の方が「はい」と回答。

グラフ_03

さらに、「農薬を取るために、野菜、果物を洗剤で洗うことに抵抗はありますか?」という質問には、77%の方が「はい」と回答しました。水洗いだけでは農薬を十分に落とすことができないと知りながらも、洗剤を使用することに対しては抵抗を感じている人が多いようです。

グラフ_04

 

食器洗いにも洗剤を使用しない!? 洗剤に含まれる界面活性剤の化学薬品に不安の声が多数

洗剤で洗うことに抵抗を感じる理由として、「薬品が食品に残ってしまうような気がして、抵抗がある」洗剤には界面活性剤が使われていることが多いため、それが水で完全に洗い流せない」など、洗剤に使用されている界面活性剤などの薬品の影響を心配する声が多く上がりました。

さらに回答者の中には「食器洗いにも使用していないので、食品には使いたくない。」と、そもそも食器洗いにも洗剤を使用していないという意見もあり、口をつけるものに対して化学薬品を使用することに抵抗のある人が多く存在することがわかりました。

野菜洗いに意識革命 !

日本のスーパーに陳列されている野菜や果物は、綺麗なのが当たり前。消費者は、土や虫の付着がなく、形の良いものを求めており、販売側も見た目の綺麗な野菜や果物しか販売しません。

今回のアンケート調査では、そのような日本の背景を受け、”土や虫を洗い流すため”に野菜洗いしていた時代から、”農薬を落とすため”に野菜洗いをするという意識改革が起こり始めていることがうかがえました。

もっと詳しく! 食品洗い専用のお水『ベジセーフ』

「ベジセーフ」は、野菜などの食品を洗うために開発された洗い水です。

「純水」と食品製造にも使用される「炭酸カリウム(かんすい)」を”イオン交換膜”にて従来の生成方法よりも長時間丁寧に電気分解し「お水」と「カリウム」に。手肌へのやさしさも残しながら洗浄力を高めることに成功しました。

さらに、人体に有害とされる合成界面活性剤を含まず、油分と水分を混ぜ合わせる効果 (界面活性効果)をもつため、スプレーを吹きかけるだけで、野菜に付着した残留農薬やホコリ展着剤などの汚れを素早くベジセーフが取り込み、物体の表面から分離させることが可能です。

グラフ_05

『スプレー洗い』と、希釈して使う『まとめ洗い』ができるため、1個洗いから大量洗いまで対応できます。食品の汚れ落としだけでなく、「アク抜き」や「鮮度保持」としても効果を発揮し、毎日のお料理をサポートいたします。

★さらに詳しく!
⇒野菜洗い専用のお水『ベジセーフ』-公式オンラインストア

★ご好評につき期間延長!
今すぐ使える「ベジセーフ 1000円クーポン」をプレゼント中:3月29日(金) 18時まで

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【アンケート】の最新記事