女性と子どもにうれしい菜の花の栄養パワー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
キャッチ

菜の花は、キャベツ、白菜、チンゲンサイ、ブロッコリー、大根、などと同じアブラナ科の植物で、野菜のなかでも特に女性と子どもにうれしい栄養素がたくさん含まれています。

どんな効果があるのか?おいしく調理するためには?

思わず菜の花を買いに行きたくなる情報をお届けします。

 

菜の花の栄養と効能

それでは、菜の花の栄養と効能についてさっそくご紹介してまいりましょう。

 

<栄養成分>

ビタミンA(βカロテン)、ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、ナイアシン、

パントテン酸)、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、マンガン、リン、鉄、亜鉛、食物繊維など。

 

<効果効能>

免疫力向上、感染症の予防、疲労回復、生活習慣病の予防、美肌効果、老化防止、貧血の予防改善、がん予防。

 

<女性と子どもにうれしい栄養パワー>

  • ビタミンCは、ほうれん草の3倍、ニラの5倍!

【効能】粘膜強化や免疫力の向上による風邪など感染症の予防、がん予防。

風邪などの感染症予防になるので、子どもにも積極的に食べてほしい栄養素ですね。

 

  • ビタミンA(βカロテン)はピーマンの5倍!

【効能】生活習慣病の予防、美肌効果、老化防止。

美肌効果、老化防止は、女性にはとてもうれしい栄養成分です。

 

  • カルシウム

【効能】骨粗しょう症の予防。

カルシウムというと魚や乳製品に多く含まれるイメージですが、菜の花にも豊富に含まれています。

骨粗しょう症は、特に女性に多い病気ですので、女性の強い味方ですね。

 

  • 鉄分はニラの4倍!

【効能】貧血の予防改善。

鉄分が豊富というのは、貧血気味のかたや妊婦のかたにも、うれしい食材です。

 

  • 葉酸

【効能】胎児の正常な発育を助ける働き、貧血の予防、肝臓の解毒作用。

妊婦のかたは、胎児の先天異常の可能性を低減させるためにも、十分に葉酸を摂取することが求められています。

 

  • ビオチン

【効能】脱毛や白髪予防、疲労回復、美肌効果

毛髪の健康のためには海藻類だけでなく、実は菜の花も効果的です。

mouhatu

  • カリウム

【効能】高血圧の予防や治療、むくみ解消

カリウムにはナトリウムの排泄を促す効能があり、高血圧の予防やむくみの解消にも効果的です。

 

さらに菜の花には、ビタミンB1・B2、食物繊維といった栄養素も豊富にバランス良く含まれており、特に葉酸、ビオチン、鉄の含有量は野菜類の中でトップクラスです。

 

また、菜の花には、抗がん作用のあるグルコシノレートが豊富に含まれており、このグルコシノレートの含有量は、アブラナ科の中でも断トツに多く含まれています。

グルコシノレートは、つぼみ部分に多く含まれているので、つぼみを取り除かないようにしましょう。

 

菜の花の旬

菜の花は、早ければ11月頃から出回りはじめ、長くて4月頃までがシーズンの春野菜ですが、2月~3月頃が最盛期とされ、食べ頃としても一番の旬を迎えます。

 

菜の花は、独特のほろ苦さと香りがクセになる野菜で、つぼみまでも食べることができるという春ならではの贅沢な食材です。

 

菜の花の選び方と保存方法

<選び方>

つぼみが密集しており、葉や切り口がみずみずしく、ハリのあるものを選びましょう。

また、花が開きかける頃から苦味・エグみが強くなり、茎の部分が固くなってきますので、つぼみがしっかりと絞まった状態のものを選びましょう。

 

<保存方法>

乾燥に弱くしなびてしまうため、冷蔵庫(野菜室)で保存する場合は、濡らした新聞紙やキッチンペーパーで包むなどして保存します。

このほか、少量の水を入れたコップなどに立てて、頭の方にポリ袋などをかける保存方法もあります。

なお、自然に生えていた時と同じ様な状態で保存すると長持ちします。

 

菜の花のおすすめ調理法

菜の花はアク(シュウ酸)がホウレンソウの20分の1以下程度と少ないので、さっと下茹でする程度でも食べられる野菜です。

 

しかし、長時間茹でてしまうと、ビタミンCや葉酸・鉄分・カリウムなどさまざまな栄養素が溶け出してしまうので、多くの栄養を補給するためには、さっと茹でる・炒める・蒸すなどがおすすめの調理法です。

また、加熱時間を短めにした方が栄養面や風味もよくなります。

菜の花調理

<アク抜き・鮮度保持におすすめ、ベジセーフ>

野菜洗いのお水ベジセーフのアルカリ成分は、野菜の苦み・渋み・えぐみの原因である「シュウ酸」「ポリフェノール」を取り除き、調理に適した状態に戻す効果があります。

ベジセーフのアルカリ成分がアク抜きに効果を発揮しますので、菜の花のアク抜きに使ってみてはいかがでしょうか。

 

また、ベジセーフには、鮮度保持の効果があります。

ベジセーフで洗うと表面の汚れや油分が落ち、必要な水分がしっかりと野菜や果物全体に行き渡るので、冷蔵庫内の乾燥に強くなります。

※残った洗い水から細菌が繁殖する恐れがあるので、保存する際はよく洗い流し十分に水分を切ってください。

 

菜の花にプラスすると効果的な食材

菜の花に次の食材をプラスすることで、それぞれの効果が期待できます。

 

  • 疲労回復・血行促進におすすめの食べ合わせ

たまねぎ・にんにく・エノキ・豆腐

 

  • 肥満・老化の予防におすすめの食べ合わせ

人参・ワカメ・しいたけ・きくらげ

 

  • 老代謝アップ・貧血予防におすすめの食べ合わせ

アーモンド・キヌア・松の実・卵

 

  • 免疫力向上・風邪予防におすすめの食べ合わせ

豚肉・マヨネーズ・オリーブオイル

 

  • 肺がん・大腸がん予防におすすめの食べ合わせ

カリフラワー・しいたけ・まいたけ・海苔・カラシ

 

菜の花の栄養パワーで、女性も子どもも健康な身体を作りましょう!

もっと詳しく! 食材洗い専用のお水『ベジセーフ』

「ベジセーフ」は、野菜などの食材を洗うために開発された洗い水です。

「純水」と食品製造にも使用される「炭酸カリウム(かんすい)」を”イオン交換膜”にて従来の生成方法よりも長時間丁寧に電気分解し「純水」と「カリウム」に。手肌へのやさしさも残しながら洗浄力を高めることに成功しました。

さらに、人体に有害とされる合成界面活性剤を一切含まず、油分と水分を混ぜ合わせる効果 (界面活性効果)をもつため、スプレーを吹きかけるだけで、野菜に付着した残留農薬やホコリ展着剤などの汚れを素早くベジセーフが取り込み、物体の表面から分離させることができます。

ベジセーフの使い方「まとめ洗い」「スプレー洗い」

『スプレー洗い』と、希釈して使う『まとめ洗い』ができるため、1個洗いから大量洗いまで対応できます。食品の汚れ落としだけでなく、「アク抜き」や「鮮度保持」としても効果を発揮し、毎日のお料理をサポートいたします。

関連記事

野菜はここまで美味しくなる!
『正しい野菜の洗い方』を動画で公開中!

「じゃがいも編」「ナス編」「イチゴ編」「お刺身編」など、野菜や果物がもっと美味しくなる洗い方のコツを徹底解説します。

ベジセーフ〜農薬除去試験の結果

「本当に農薬は落ちてるの??」
そんな疑問にお答えするために、3人家族 約3日分の野菜・果物を半分ずつ分け、片方は「水道水で洗った洗い水」、もう一方は「ベジセーフで洗った洗い水」で比較試験を行いました。

ベジセーフ〜安全試験の結果

ベジセーフの安全性を第三者機関「一般財団法人・日本食品分析センター」で試験しました。
①成分試験 ②皮膚安全試験 ③栄養分の流出試験

食の専門家も《ベジセーフ》を推奨!
服部栄養専門学校〜服部幸應先生

「料理は素材の味をいかに生かすかがとても大事です。その為にも水では洗い落とせない汚れなどが野菜や果物に付着しているのでベジセーフでやさしくスッキリ落とすことで料理の味が各段に変わっ・・・ >>続きを見る

今すぐ使える『¥1000OFFクーポン』進呈中!
さらに今なら、安心の20日間返金保証!

先着100名様限定でベジセーフの¥1000OFFクーポンをプレゼントいたします。(※先着100名様に達し次第、終了となります。予めご了承ください)

ベジセーフの3つの約束

もっと、ずっと毎日の安心を「あたりまえ」に

⇒『ベジセーフ』-公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【ベジセーフ】の最新記事