女性必見のルイボスティー!アンチエイジングから妊活まで、嬉しい効果がたくさん!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%9c%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc

産地である南アフリカでは、「奇跡のお茶」「不老長寿のお茶」として、日々の健康のために飲まれてきたルイボスティー。南アメリカだけでなくヨーロッパでも飲まれ続け、日本でも美容や健康志向の方を中心に、愛飲者を増やしつつあります。カフェインが全く含まれていないため、妊娠中や授乳中の女性や、小さいお子さんも飲めることも、ルイボスティーの魅力の一つです。女性が飲みやすいルイボスティーには、数え切れないほどの効能があり、特に女性にとって嬉しい効果がたくさんあることをご存知でしょうか。

美肌・アンチエイジングの効果

ルイボスティーの嬉しい効果の一つに、まず、美肌やアンチエイジングの効果があります。
ルイボスティーに含まれているSOD(スーパーオキシドジムスターゼ)という抗酸化成分が、活性酸素(活性化した酸素で、老化現象のもと)を除去し、細胞の新陳代謝を促進してくれることで肌の老化を防止し、若々しい肌に導いてくれます。

また、ルイボスの茶葉には、マグネシウムやカリウムといった、ミネラルやビタミンなどの美肌づくりに必要な成分も含まれています。

このようにルイボスティーには、アンチエイジングの効果と合わせて、シミやそばかすの予防もでき、さらに活性酵素を除去することから、生活習慣病などの病気の予防にもつながると言われています。

妊活中のサポートに!

ルイボスティーは、妊活中の女性におすすめです。
ルイボスティーに含まれている亜鉛やミネラルなどの成分には、卵子の質を上げる効果があります。その亜鉛には、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促進する役割があり、エストロゲンの分量が増えることで子宮内膜が厚くなる(※)ため、受精卵を迎えやすくなり、妊娠しやすい体に近づけてくれます。よく、「フカフカの子宮」なんて言ったりしますが、これは「子宮内膜の厚さがあること」を意味しています。フカフカの赤ちゃん用ベッド、ということなんですね。

※一般的に妊娠に必要な最低限の子宮内膜の厚さは6mm以上と言われており、8mm以下の子宮内膜を「薄い」と診断されます。

また、ルイボスティーは、妊活中の間だけでなく、妊娠中の女性にとっても嬉しい効果があります。ルイボスティーには、妊娠中にとても重要になるカルシウムが含まれています。カルシウムは胎児の骨や歯を作るために必要であり、妊婦さん自身から大量に消費されています。妊娠中にカルシウムが不足すると、胎児の成長を妨げてしまうので、カルシウムがきちんと含まれているルイボスティーは、母子ともに健康を保ってくれる頼もしい飲み物です。

さらに、ルイボスティーの効能は産後にも役立ちます。産後はホルモンのバランスが崩れることから、体重の増加や肌荒れなどが起こりやすいものですが、ルイボスティーのダイエット効果や肌の再生効果は、産後の強い味方になってくれそうです。

継続的に飲もう!

ルイボスティーには他にも、むくみや冷え性の改善、ダイエット、安眠効果、アトピーの改善、貧血、便秘・下痢、花粉症に効くなど、ルイボスティーから得られる効果は驚くほどたくさんあります。こういった素晴らしい効果がたくさんありますが、やはり一度飲んだだけではすぐに効果は得られません。

効果を得るには、1日2~3杯の量を飲むのがいいとされています。朝に1杯、夜に1杯など、習慣として取り入れたり、飲み方を工夫したりしながら継続的に飲みましょう。
では、飲み方のアレンジもご紹介しましょう。

■ミルクティー
紅茶でミルクティーを作るときと同様に、温かいルイボスティーにミルクを加えるだけで、簡単に作れます。ルイボスティーを飲みたいけど味が苦手、という方は、ぜひ一度ミルクティーを試してみるといいかもしれません。

■ジンジャールイボスティー
また、体を温めたいときにおすすめなのが、生姜と砂糖を加えて飲むジンジャールイボスティーです。ハチミツや柚子を加えても美味しく飲むことができます。

ルイボスティーはアレンジ次第で飲み方の幅が広がるので、これら以外にもオリジナルを作り出してみたりなど、バリエーションを増やしながら、ルイボスティーを美味しく楽しく飲みましょう。

前項では妊活中の方や妊婦さんにおすすめとお伝えしましたが、もちろん妊活中や妊娠中でない女性にも、ぜひおすすめです。これまでご紹介したように嬉しい効果がたくさんありますから、普段の飲み物をルイボスティーに変えてみるのもいいかもしれませんね。

食に関心の高い方におすすめの「ベジセーフ」

日々の健康管理や栄養管理のためにも、食材の安全が気になっている方は多いのではないでしょうか。実は野菜や果物には家庭の水道水だけでは落としきれない残留農薬や添加物がついています。日々の野菜洗いに一手間加えるだけでこういった農薬や汚れをきれいに落としてくれるのが、野菜洗い専用水の「ベジセーフ」です。

もっと詳しく! 食材洗い専用のお水『ベジセーフ』

「ベジセーフ」は、野菜などの食材を洗うために開発された洗い水です。

「純水」と食品製造にも使用される「炭酸カリウム(かんすい)」を”イオン交換膜”にて従来の生成方法よりも長時間丁寧に電気分解し「純水」と「カリウム」に。手肌へのやさしさも残しながら洗浄力を高めることに成功しました。

さらに、人体に有害とされる合成界面活性剤を一切含まず、油分と水分を混ぜ合わせる効果 (界面活性効果)をもつため、スプレーを吹きかけるだけで、野菜に付着した残留農薬やホコリ展着剤などの汚れを素早くベジセーフが取り込み、物体の表面から分離させることができます。

ベジセーフの使い方「まとめ洗い」「スプレー洗い」

『スプレー洗い』と、希釈して使う『まとめ洗い』ができるため、1個洗いから大量洗いまで対応できます。食品の汚れ落としだけでなく、「アク抜き」や「鮮度保持」としても効果を発揮し、毎日のお料理をサポートいたします。

関連記事

野菜はここまで美味しくなる!
『正しい野菜の洗い方』を動画で公開中!

「じゃがいも編」「ナス編」「イチゴ編」「お刺身編」など、野菜や果物がもっと美味しくなる洗い方のコツを徹底解説します。

ベジセーフ〜農薬除去試験の結果

「本当に農薬は落ちてるの??」
そんな疑問にお答えするために、3人家族 約3日分の野菜・果物を半分ずつ分け、片方は「水道水で洗った洗い水」、もう一方は「ベジセーフで洗った洗い水」で比較試験を行いました。

ベジセーフ〜安全試験の結果

ベジセーフの安全性を第三者機関「一般財団法人・日本食品分析センター」で試験しました。
①成分試験 ②皮膚安全試験 ③栄養分の流出試験

食の専門家も《ベジセーフ》を推奨!
服部栄養専門学校〜服部幸應先生

「料理は素材の味をいかに生かすかがとても大事です。その為にも水では洗い落とせない汚れなどが野菜や果物に付着しているのでベジセーフでやさしくスッキリ落とすことで料理の味が各段に変わっ・・・ >>続きを見る

今すぐ使える『¥1000OFFクーポン』進呈中!
さらに今なら、安心の20日間返金保証!

先着100名様限定でベジセーフの¥1000OFFクーポンをプレゼントいたします。(※先着100名様に達し次第、終了となります。予めご了承ください)

ベジセーフの3つの約束

もっと、ずっと毎日の安心を「あたりまえ」に

⇒『ベジセーフ』-公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【食事】の最新記事