農薬除去のポイント!「展着剤」を知って野菜を安全に食べよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
%e3%80%90%e7%94%bb%e5%83%8f%e3%80%91%e9%a3%9f%e5%93%81%e6%b7%bb%e5%8a%a0%e7%89%a9%e3%80%80%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%af

野菜を食べるうえで気になる残留農薬。
せっかく健康のために野菜を摂るのに、農薬が残ったままの野菜を食べて体に害があるのではとても残念です。残留農薬はアトピーやアレルギーの原因になるとも言われており、農薬をしっかり除去して安心して野菜を食べたいところですが、実は残留農薬は家庭の水道水で洗うだけでは不十分ということを知っていますか。
農薬の散布の仕組みを知り、野菜洗いの必要性を再認識しましょう。

農薬はどれくらい使われている?

現在、日本で認められている農薬は5000種類ほどです。農薬は使用する段階によって分けられ、土の中にいる雑菌を殺菌するために行う種まき前、作物以外の雑草を枯らす目的で行う発芽後、病気や害虫から守るために行う成長中・収穫前、作物にカビが生えないようにするために行う収穫後といったタイミングで使用される機会があります。

昔に比べ農薬の数は減り、毒性の低いものが使用されるようになっていると言われています。また、様々な実験の結果から人体に影響はないという意見もありますが、安全性の確保は100%ではありません。毎日口にするものであるからこそ、防衛策として農薬はしっかり落とすのがいいでしょう。

「展着剤」について知ろう

農薬除去のためには、「展着剤」という農薬散布の際に使用される薬液がポイントになります。
農薬を散布するとき、植物の葉や害虫に液がしっかり付かないことがあります。また、雨が降ったりすると流れ落ちてしまったり、作物によっては表面がワックスのようにツルツルしていて付着しにくいものもあります。これを解決するために、展着剤を使用して農薬の付着を高めたり、農薬の効果を安定させたりしています。

展着剤の主成分は界面活性剤で、現在日本ではおよそ76種類が認定されています。展着剤自体に殺虫作用や殺菌作用はなく、主に付着性を高めるノリの役目として使用され、薬液がつきにくいネギやキャベツなどには展着剤を加用することが推奨されています。

もともと雨で流れ落ちないようために展着剤を使用している訳なので、一般的な家庭の水道水で洗っただけでは落としきれないのも納得です。野菜を安全に食べるためにも、どんな野菜であれ、調理をする前に家庭でしっかりと洗うことが良策となるでしょう。

野菜洗い専用の洗剤を使おう!

水だけでは落としきれない残留農薬をしっかりと落とすには、野菜洗い専用の洗剤を使用することがおすすめです。
農薬を落としきれない要因となる展着剤は、タンパク質や脂質をもとに作られています。このタンパク質や脂質は強アルカリ性に反応し分解します。アルカリ性は、油性の汚れを水に溶け出す性質があるため、アルカリ性の野菜洗い洗剤を使用することで、農薬を野菜から剥がしてくれる働きがあります。また、野菜から離れた農薬はアルカリ溶液の中で安定した性質に変わるため、一度剥がれた農薬が再び野菜に付着する心配はありません。

さらに、アルカリ性の野菜洗い洗剤には、0-157やサルモネラ菌、黄色ブドウ球菌、カビや腐敗菌などの雑菌から守ってくれる効果もあります。野菜の殺菌にも役立つので、食中毒予防にも効果的です。菌の付着から守ってくれるコーティング効果のおかげで、野菜洗い洗剤で洗った野菜はより長持ちするとも言われています。
野菜を調理する前にしっかりと残留農薬や汚れを落とし、安心な食生活を送るためにも、野菜洗い専用の洗剤がおすすめです。

野菜洗いにおすすめの「ベジセーフ」

ベジセーフとは、電解スーパーアルカリイオン水でできた野菜・果物専用洗浄水です。
残留農薬や展着剤、汚れ、細菌、放射能汚染物質などをスピーディーに除去することができます。強力な洗剤などは一切含まれておらず、電気分解で汚れや細菌を吸着・除菌します。手肌に優しく人体に影響がないため、赤ちゃんや小さなお子さんのいるご家庭、子育て中の方にも安心です。

もっと詳しく! 食品洗い専用のお水『ベジセーフ』

「ベジセーフ」は、野菜などの食品を洗うために開発された洗い水です。

「純水」と食品製造にも使用される「炭酸カリウム(かんすい)」を”イオン交換膜”にて従来の生成方法よりも長時間丁寧に電気分解し「お水」と「カリウム」に。手肌へのやさしさも残しながら洗浄力を高めることに成功しました。

さらに、人体に有害とされる合成界面活性剤を含まず、油分と水分を混ぜ合わせる効果 (界面活性効果)をもつため、スプレーを吹きかけるだけで、野菜に付着した残留農薬やホコリ展着剤などの汚れを素早くベジセーフが取り込み、物体の表面から分離させることが可能です。

ベジセーフの使い方「まとめ洗い」「スプレー洗い」

『スプレー洗い』と、希釈して使う『まとめ洗い』ができるため、1個洗いから大量洗いまで対応できます。食品の汚れ落としだけでなく、「アク抜き」や「鮮度保持」としても効果を発揮し、毎日のお料理をサポートいたします。

関連記事を見る!

★ベジセーフ『洗い方動画』を限定公開中!
⇒「じゃがいも編」「ナス編」「イチゴ編」「お刺身編」など、野菜や果物がもっと美味しくなる洗い方のコツを徹底解説♪

★今すぐ使える『1,000円クーポン』プレゼント中!
ベジセーフに使える1000円クーポンをプレゼント!
⇒クーポン配布は、5/31(金) 18時まで!


⇒『ベジセーフ』-公式サイトはこちら




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【農薬】の最新記事