これで安心!お子さんとの夏の外出時の必須アイテム!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
キャッチ

梅雨が終われば本格的な夏の到来。

お子さんの夏休みが始まり、外出する機会も多くなる季節だと思います。

湿気・気温ともに高い夏は食中毒の原因となる細菌が増える環境でもあるので、外出時にも衛生面には気を付けたいですよね。

夏休みを安全に、楽しく、健康に過ごすために意識していることはありますか?

 

夏の外出は熱中症対策を忘れずに

子ども、特に乳幼児は体温調節機能がじゅうぶんに発達していないので、大人よりも熱中症にかかりやすいといわれています。

夏休みは屋外の施設に出かけることも多くなると思いますので、その分熱中症にかかる可能性も高くなります。熱中症予防のために出来る対策をみていきましょう。

  
熱中症

 
こまめな水分補給
遊びに熱中していると、どうしても水分補給が疎かになりがちです。本人が「のどが渇いた」と言う頃には、体内の水分がだいぶ失われている状態ですので、大人が定期的に水分補給を促してあげましょう。

衣類の調節
通気性の良い涼しい服で、気温に応じて脱ぎ着できる格好が良いでしょう。屋外での活動には帽子も必須です。また、夏は汗を多くかきますので余分に着替えを持っていくと安心です。
 
こまめな休憩
日陰や屋内で、こまめに休憩をしましょう。子どもは背が低い分、大人より日光の照り返しの影響が大きいので、こまめな休憩を心がけましょう。
 
子どもの様子を気にかける
顔がひどく赤くなっていたり、ぼーっとしてフラフラしているのは熱中症のサインかもしれません。屋外での活動時には特に気を付けて、子どもの異変には敏感になりましょう。
  
夏休みも楽しく外出ができるよう、これらのことに注意しましょう。

 

子どもとの外出時のお役立ちアイテム

子どもとの外出には荷物が多くなりがちですよね。特に、夏、しかも屋外となると普段よりも更に荷物が多くなりがちです。

また、子どもの行動は予測不能ですので、触ってほしくないものを触ったり、楽しく遊んでいたと思ったら突然「お腹空いたー!」と機嫌が悪くなったり、なんていうことも・・・。

手洗い場所がすぐに見つからなかったり、トイレの衛生面が気になったりすることがあるかもしれません。

そのような時に、あって良かった!なアイテムをご紹介します♪

 
ウェットティッシュ
これはまさに必須アイテムです。口・手拭きとしてのみでなく、汚れてしまったおもちゃ等をささっと拭いたり、衛生面の気になるトイレの便器を拭くのにも役立ちます。

しかしアルコールが使用されているものは子どもの肌には刺激が強い場合がありますので、成分表示を一通り確認してから選びましょう。

 
アルコール手指消毒剤
お食事前の手洗い時、石鹸がなく水のみの場合やウェットティッシュだけで手を拭くのには衛生面が心配…という時には、アルコール手指消毒剤がおすすめです。

ジェルタイプやスプレータイプ、また外出に便利なミニサイズも販売していますので、お好みのものを選びましょう。

使用に年齢制限がある商品は少ないと思いますが、アレルギーやアトピー等お肌が敏感な子どもには刺激が強い場合がありますので注意が必要です。

 

万能に使えるベジセーフがおすすめ

ベジセーフ」は99.9%の純水と0.1%のカリウムのみから作られた「野菜洗いのお水」です。

RO膜というろ過膜を使って、水以外の0.0001ミクロン以下の不純物を取り除いてつくった純水と炭酸カリウムを電気分解することで、水の洗浄力(アルカリ性)を高めました。

自然由来の成分のみで作ったベジセーフは、小さなお子さまからペットまで、家族みんなでお使いいただけます。

S__7249988

でも、ベジセーフの用途は「野菜洗い」だけではありません。小さいスプレーボトルに移し替えればお子さんとの外出時にも役立つアイテムになるというのはご存知でしょうか?
 
例えばこんなシーンで!

 
手を洗いたいのに、手洗い場が近くにない
そのような時は、ベジセーフを直接手に吹きかけるか、布やペーパーにしみこませから拭きましょう。さっぱりと汚れを洗い流すことができます。

 
食事中、お箸やスプーンを落としてしまった
ベジセーフを直接吹きかけてから乾いた布で拭きとるか、布やペーパーにしみこませから拭きましょう。屋外のテーブルの汚れが気になるときにも使えます。

 
トイレの衛生面が気になる
便座の皮脂汚れには、ベジセーフを布やペーパーにしみこませてから拭きましょう。

また、臭いが気になるときには、空気中にスプレーしてください。アルカリ電解水の特性である消臭効果(元になる汚れをマイナスイオンで包み込んで剥離させる)により、においを軽減させることができます。

 
ベジセーフは吹きかけて数秒後にはただの水になるので、口に入るものに使用したり、お子さんが直接手で触っても安全性が高く、安心してご使用いただけます。

 

お子さまとの外出時に、ひとつあればいろんな場面で役立ちます。ベジセーフをいつもの荷物にプラスしてみてはいかがでしょうか?

もっと詳しく! 食材洗い専用のお水『ベジセーフ』

「ベジセーフ」は、野菜などの食材を洗うために開発された洗い水です。

「純水」と食品製造にも使用される「炭酸カリウム(かんすい)」を”イオン交換膜”にて従来の生成方法よりも長時間丁寧に電気分解し「純水」と「カリウム」に。手肌へのやさしさも残しながら洗浄力を高めることに成功しました。

さらに、人体に有害とされる合成界面活性剤を一切含まず、油分と水分を混ぜ合わせる効果 (界面活性効果)をもつため、スプレーを吹きかけるだけで、野菜に付着した残留農薬やホコリ展着剤などの汚れを素早くベジセーフが取り込み、物体の表面から分離させることができます。

ベジセーフの使い方「まとめ洗い」「スプレー洗い」

『スプレー洗い』と、希釈して使う『まとめ洗い』ができるため、1個洗いから大量洗いまで対応できます。食品の汚れ落としだけでなく、「アク抜き」や「鮮度保持」としても効果を発揮し、毎日のお料理をサポートいたします。

関連記事

野菜はここまで美味しくなる!
『正しい野菜の洗い方』を動画で公開中!

「じゃがいも編」「ナス編」「イチゴ編」「お刺身編」など、野菜や果物がもっと美味しくなる洗い方のコツを徹底解説します。

ベジセーフ〜農薬除去試験の結果

「本当に農薬は落ちてるの??」
そんな疑問にお答えするために、3人家族 約3日分の野菜・果物を半分ずつ分け、片方は「水道水で洗った洗い水」、もう一方は「ベジセーフで洗った洗い水」で比較試験を行いました。

ベジセーフ〜安全試験の結果

ベジセーフの安全性を第三者機関「一般財団法人・日本食品分析センター」で試験しました。
①成分試験 ②皮膚安全試験 ③栄養分の流出試験

食の専門家も《ベジセーフ》を推奨!
服部栄養専門学校〜服部幸應先生

「料理は素材の味をいかに生かすかがとても大事です。その為にも水では洗い落とせない汚れなどが野菜や果物に付着しているのでベジセーフでやさしくスッキリ落とすことで料理の味が各段に変わっ・・・ >>続きを見る

今すぐ使える『¥1000OFFクーポン』進呈中!
さらに今なら、安心の20日間返金保証!

先着100名様限定でベジセーフの¥1000OFFクーポンをプレゼントいたします。(※先着100名様に達し次第、終了となります。予めご了承ください)

ベジセーフの3つの約束

もっと、ずっと毎日の安心を「あたりまえ」に

⇒『ベジセーフ』-公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【野菜】の最新記事